上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
本日、三国サンセット・ビーチにてすれ違った、メガーヌ、インク・ブルーのハッチ方。ごあいさついただきありがとうございました。ビックリしている間に通り過ぎてしまわれたので、大変失礼いたしました。
2006.05.04 Thu l Renault l COM(0) TB(0) l top ▲
ご質問にお答えします。

「いつから、フランス野郎になったんですか?」
って訊かれるんです。

日産ばかり乗っていたのに(アルテッツアを経て)206、MEGANEとフランス車が続いているからでしょう。

いやいや、別に急に目覚めたわけじゃぁないのよ。子供のころから続いている話なんです。

昔のヒット・チャートはいまよりも日本の独自性があって、いろんな国の曲が流行っていたんですよ。そのとき、フレンチポップスがちょっとブームだったの知っていますか? 60年代のシルビー・バルタン(バルタン星人の語源だ)のあと、70年代前半、MICHEL PLNAREFF(愛の休日、愛の願い、つけぼくろとか知ってます?)とかにはまってて、フランス語の曲自体も特に違和感はありませんでした。

そんなことから、第2外国語はフランス語。この間、テキストが出てきて、そこそこ勉強した跡と、今ではすっかり忘れていることに愕然としました。しかもその頃、“軽井沢シンドローム”にはまっていて、田口修一の乗っていたのが、5・ターボでした。「国産の腐れターボに乗る気がしねぇ。」って台詞は心に残っています。

MICHEL PLNAREFFはその後、契約の関係から、日本では発売されず、フランス版の“Les Grandes Chansons de MICHEL POLNAREFF”をようやく手に入れたのみです。最近は発売されています。WCのフランスの時の応援歌は、彼の“シェリーに口づけ”の替え歌です。

そんなこんなでいつかは、フランス野郎の素質はもともとあったんですよ。F1でも、90年代は、無敵の(猿でも勝てる)ルノー・エンジンの時代もありましたし、フランス車が特別のことでもないようでしたので、買っちゃいました。

随分、話を端折りましたが、回答になりましたでしょうか?

ちなみに、この問いを投げかけた人は、イタリア野郎です。
2006.01.22 Sun l Renault l COM(0) TB(0) l top ▲
オープニング、変わったのですね。

こんな世界に入ってみたい。パラレルワールドが階層的に現れないかな。

http://www.renault.jp/

日本人の感覚では居づらいと思うんだけど、どうよ、アロンソ
2005.12.22 Thu l Renault l COM(4) TB(1) l top ▲
今日もなかなかの吹雪でした。田んぼの真ん中吹きっさらしを走っているとハンドルを取られそうで怖かったです。

おお、Q州も雪ですか。
京都もすごいって言うことですし。
えっ、名古屋もですか。
いったいどうなっているのやら。

で、今日は早仕舞いして帰ろうと思ったら、わが愛しのメガーヌが、凍ってる。

VFSH0118.jpg


ドアが開かん。12の3で力を込めると、ばりばりばりばりばりばりばりばりばりばりばりばりばりばりばりばりと音がして、開いた。わ、お湯をとりにいかなくてよかった。氷や雪がシートの上に。雪落としを取って、フロントガラスの雪を取り除こうとするけど、ダメ。屋根の雪もダメ。バリバリに凍り付いています。うーーーん、国際救助隊を呼ばないといけないか。

おお、そうだ、グローブボックスに水を入れたペットボトルがある。これをフロントガラスにどぼどぼどぼどぼと。ヒータの力もあいまって視界は確保できました。サイドブレーキは引いていなかったので、問題なし。ヒーター付電動格納式広角ドアミラーのありがたみを実感。ミラーにこびりついて凍った氷が解けてゆく。前後の視界、ミラーが確保できれば、ボディで固まっている雪は熱で解けるはず。マルション、マルション、マルション。

アイスバーンになりかかりの道を40キロほどでのろのろと。今日は会社で貰った、クリスマスケーキが乗っているので、、、、。これをぐしゃぐしゃにしたら、家に入れてくれまい。

4キロ弱を15分かけて、たどり着きました。

ところが氷が解けてない。何とか落とさないと塗装が痛みそう。でも、無理やりやると、塗装が痛みそう。で、手でどうにか落とそうとすると、ゆで卵のからがはがれるようにどうにかこうにか。クルマが温まっていたからでしょう。

めでたし、めでたし。

でも、12月でこれじゃぁ、先が思いやられます。

追記:奈良も、奈良もなの
2005.12.22 Thu l Renault l COM(3) TB(0) l top ▲
欲しい

http://www.infofukui.com/autocruise/new_model.html
2005.12.13 Tue l Renault l COM(6) TB(1) l top ▲
家の前はまだ除雪車が入っていませんでした。

バックで入れようとしたら、圧雪にハンドルを取られてズルッ。左ミラーにかすり傷がぁ。なんてこってい。
2005.12.13 Tue l Renault l COM(0) TB(0) l top ▲
*申し訳ございません。
この車種にはご試乗いただけません。



ルノーさん、そんな小意地の悪いこと言わないで、試乗させてくださいよ。

でも10mも、走ることできないでしょうね。


補足:ここに行くと、レイトンハウスのF1マシンに座ることができます。

http://www1.big.or.jp/~atmuseum/HRC/frame2.html
2005.10.12 Wed l Renault l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。