上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
実際、ウルトラQを怪獣もの位置付けるのは間違い。日本のアウター・リミッツというか、トワイライト・ゾーンを意図したものだからです。

で、この星川航空の社員3人が狂言回しとして登場するわけですが、小さな航空会社とは思えない活躍ぶりでした。五郎八航空とはえらい違いです。

ペギラが東京に襲来すればペギミンHを抱えて突っ込んでいくし、4次元空間から206便、つまり旅客機を何のためらいもなく操縦する腕利きのパイロットがいたらしいです。

そのパイロット、引退したあとは西部署の近くにスナックを開いてたいそう繁盛したそうです。
スポンサーサイト
2006.11.25 Sat l 飛べ!ヒーロー l COM(2) TB(1) l top ▲

コメント

南極にも行っていましたね。
当時、日本一運の悪いコンビ(トリオ)かも。
206便のデザインは秀逸だったと思いますが、尾翼に206と入ってましたが往路と復路では便数が変わるといちいち書き直していたのでしょうか?
2006.11.25 Sat l kimi. URL l 編集
少し前の話題に戻りますが、

http://www.kawasaki-museum.jp/

ご覧下さい。

2006.11.25 Sat l bluenaut. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rainbownightingale.blog27.fc2.com/tb.php/358-b3b95052
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ペギミンH 放映リストのリンクの件放映リストの項目に内部リンクを付ける件で編集合戦になっているようですが、この際ノートで討論されてはいかがでしょうか?僭越ながらここに見出しを立ち上げさせていただきます。-- 2005年5月3日 (火) 02:08 (UTC):こんにちは。編集合戦
2007.02.07 Wed l クラフト材料大事典
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。