上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
エイトマン。アメリカで放送したときのタイトルは、エイスマン(=8th Man)。つまり8番目の男。警視庁8番目の刑事という意味です。普段は、東八郎(=ぼくらのナマカではない)という私立探偵。助手はさちこさんと一郎君(=小池さんの親戚か?)。

もともとはアメリカで開発された、(マジンガーとは違う意味で)スーパー・ロボット。平気としての利用を嫌った谷博士が、日本に連れ帰ったロボット。ただし、その電子頭脳はレシピエントのパターンがコピーされている。

そのため、アメリカから連れ戻しのためと復讐の刺が出てくるエピソード多数。

VFSH0348.jpg
で、改めて読んでみると、同じ台詞が構図を変えて出てくること。「人間ロケット」では下からと上からで、同じ台詞が。

これは当時の少年マガジン(サンデーもキングも)が連載は7ページが基本のため。

昭和30年代末らしく、そのスピードを強調するために、新幹線と並んで走っていました。新幹線の窓から見るとかなり不気味ではないかと。で、同じく、新幹線と並んで走るどころか、屋根の上にタダ乗りしたのが、、、、、、、、、、
スポンサーサイト
2006.11.18 Sat l 飛べ!ヒーロー l COM(8) TB(0) l top ▲

コメント

原作は平井和正でしたね。
後の「サイボーグ・ブルース」「アンドロイドお雪」なんかに少しその流れを感じますが。
必ずネタになるのが、足が見えなくなる走り・・・・
ところで
アルファベットで8番目というと

故に、彼はとてもHだったのでした。
2006.11.18 Sat l kimi. URL l 編集
原作の平井和正 得意の悩めるヒーロー

このあと池上遼一のスパイダーマンや
ウルフガイシリーズの限界が見て取れます。
2006.11.18 Sat l shimaday. URL l 編集
 ↑

ゲッ かぶった

しかもウルフガイシリーズの限界ではなく原型
2006.11.18 Sat l shimaday. URL l 編集
↑ウルフガイシリーズの限界
でも良いと思います、その後神がかっていかれましたから。
2006.11.18 Sat l kimi. URL l 編集
  ↑
 確かに…(^^;)
2006.11.18 Sat l shimaday. URL l 編集
この件、あずかり
体育の時間に,
皆,いっしょうけんめいからだを斜めにして
この格好をするんですけど,
かならず,どちらかの足が,地面についちゃうんですよ.

よく口ずさんでました.
はーしーれー,えいとま~~~ん♪ ,って.
2006.11.20 Mon l MTKN. URL l 編集
思い出せないとき


えーとっ、えっとえっとえっと
エイトマーーーーーーーーン!

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rainbownightingale.blog27.fc2.com/tb.php/351-7bc462a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。