上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
巷間、世界史を巡る話題が喧しいですが、わが母校も、やっちゃいました。

今の立場から言えば、高校で世界史を学ばないとは、高校生の人格形成上、あるいは、一般常識としての教養として、大問題であると声を大にして言いたいところですが。。。。。。

3年生のドン詰りの所へ来て、世界史を一からやらされる生徒さんには同情申し上げます。

世界史で受験しなくていいとは時代が変っているのですね。

国立大が一期校二期校の最後の世代としての文系としては、
①理科Ⅰ・Ⅱと社会二科目(日本史と世界史が一般的)
②理科二科目〈化学と生物が一般的)社会二科目(日本史と世界史が一般的)
のパターンがありました。
①のパターンだと地元、福井大が受験できますが②のパターンですと県外へ出るしかありません。私は②のパターンでした。

しかも化学より物理で受験したかったのに、物理の人数が少ないため、化学の授業を受けざるを得ないという天邪鬼の集まりのようなクラスでした。

しかも世界史の得点がのびず、三流私大に引っかかった身としては何にも言えません。

しかし、娘の世界史の教科書を先日、眺めましたが、面白い。勉強ではなく、趣味の読み物として読むと、面白い

もうちょっと、勉強すればよかった。
大人の都合や怠慢のツケを、生徒に押し付けて謝罪するような(しかも、口先だけで)マネをするから、先生の権威が失墜するんだよ。高校生なら〈子供であっても〉、そういう大人の醜さには敏感なんだよ。
スポンサーサイト

2006.10.27 Fri l 日々是好日 l COM(4) TB(0) l top ▲

コメント

確かに。
社会人になってから、塩野七生さんの“チェーザレボルジア”とか、“ローマ人の物語”を読んで、学生時代のアレって何だったんだろう、とぼくも思いました。
2006.10.27 Fri l terra@. URL l 編集
やはり、無味乾燥な事実の列挙だけでは、興味を持てといわれても、、、、、ねぇ。
ワタシ、世界史やってないのです。
私大の理系志願だったので・・・結局はコースアウトでDNFでしたが(涙)
でも、いいのです。
そうやって色々積み重なって、メガーヌを買って今があるのですから。
2006.10.27 Fri l 梅成弟子丸. URL l 編集
人生無駄なもの、余計なものはありませんからと、達観してみます。

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rainbownightingale.blog27.fc2.com/tb.php/331-124d187a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。