上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ウルトラマンのカラータイマーは、カラー放送を意識してのことらしい。

今ではカラー放送が当たり前ですが、当時は、いまの二ヶ国語やハイビジョン同様、カラー放送のサインが出ていました。当然いまの薄型テレビ以上に高級品で、テレビの設置場所は床の間の上でした。当然それにふさわしく、各車重厚なデザインを採用されています。UHFのコンバーター(VHFの後、UHFが採用されたため、古いテレビは衛星チューナーみたいなコンバーターが必要だったのです)を取り付ける際、気がついたのですが、筐体は木で出来ていました。

名前もすごかった。
魁(日立)
嵯峨(ナショナル)

いま顧みて一番すごかったのは
三洋

榎本健一歌うところの

♪うちのテレビにゃ色がない。隣のテレビにゃ色がある。
ありゃまきれいとよくみたら、サンヨー・カラーテレビ♪


その名も<薔薇

オチはここですか。
スポンサーサイト
2006.10.28 Sat l 昭和 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rainbownightingale.blog27.fc2.com/tb.php/329-4c15a631
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。