上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
私が、世界征服をたくらむオヨヨ大統領とその組織「スカンク」についてはじめて知ったのは、本よりも先にテレビドラマでした。こちらのほうは、次回に譲るとして本のほうですが、中学生の時、勝木書店にて晶文社版「オヨヨ島の冒険」を発見。いつかは読みたいと思っていました。

その後、高校生の頃、角川文庫にて再会。一気に全8冊をむさぼるように読みました。

その全タイトルは、

10120001.jpg


オヨヨ島の冒険
怪人オヨヨ大統領
オヨヨ城の秘密

↑ここまではジュブナイル、と言っても大人が読んでも充分楽しい。

大統領の密使
大統領の晩餐
合言葉はオヨヨ
秘密指令オヨヨ
オヨヨ大統領の悪夢
↑連載が、ミステリーマガジン、週刊朝日等ということから、完全に大人向けとなっています。

そのすべてが、
上質のミステリー、上質のコメディー、上質のパロディ、上質のオマージュとなっています。そして、忘れられないのが、上質の風刺であること。金満ニッポンへの人としての心のあり方を問うくだりは、今にも通ずるもの。でも、それらは上手に隠されているので、エンターテインメントとして一級品です。

実は、私の笑のつぼにも「シャボン玉ホリデー」と並んで、影響を与えています。

B●●K ●FF(わ、伏字になっていない。)で見つけるのは難しいけど、見つけたら絶対読んでみるべきです。余りの面白さに、腰が抜けても知りませんぜ。
スポンサーサイト
2005.10.14 Fri l 土曜日の本 l COM(6) TB(0) l top ▲

コメント

おはようございます.
何だかオモシロソウですね,このシリーズ知りませんでした.
で,うぐいすさんがオモシロイとおっしゃるなら,これはきっとオモシロイだろうと思いまして・・・早速,丸善に注文しました.
ちくまと角川から文庫版が出ているようですね.
でも残念ながら,「大統領の密使」と「大統領の晩餐」がありませんでした.
これは手に入れるのが難しそうです.(こうなると,どうしても探したくなる性分でして)

届いて,読み終えたら,読書感想文を書いてみます.
2005.10.14 Fri l まつきん. URL l 編集
できましたら
請け合います。おもしろいです。’70年代初期の混沌さ加減が絶妙です。

ただ、できましたら順番通りの方が、、いいかも。あるエピソードでは狂言回しのキャラが、別エピソードでは端役でという、ある意味、ディズニーで言うところのスターシステムを採用していること。時系列が順番通りに流れていて前のエピソードとの関連事項が出てくることがあることからです。実は、何にも知らずに、私が読み出したのが「合言葉はオヨヨ」でした。これは、ちょっとしくじったかなと思っています。(バック・トウ・ザ・フューチャーを2から見るみたいといえばどうでしょう。)そういうことから、ネタバレの危険があるので、ご注進申し上げます。
2005.10.14 Fri l うぐいす. URL l 編集
補足
ここに、ストーリー紹介があります。

http://www.geocities.jp/yamamuh/bunko.html
2005.10.14 Fri l うぐいす. URL l 編集
FBMの朝食に
FBM当日 セ・ラ・ヴィの朝食に参加させていただいた、プジョー乗りのカニ座のオッサンです。
’70年代をオールナイトニッポンなどを聞いて育った者にとっては、当時の世相を振り返るのにちょうど良い本だと思います。当時は全シリーズが有りましたが。
唐獅子シリーズは、大学時代(’80)の流行が織り込まれていて懐かしいものがあります。
フレンチフレンチなどでお会いしたらよろしくお願いします。目印はワンコ
2005.10.17 Mon l kimi. URL l 編集
はじめまして。まさにおっしゃるとおりだと思います。他にも、あのテレビのプロデューサーとか、毛沢東語録を持った警部とか、いろいろすごかったですねー。テレビのほうも、近々アップします。また、よろしくお願いいたします。

で、目印のワンコはどこに?
2005.10.17 Mon l うぐいす. URL l 編集
肩乗りシュナウザーです。
エリマキシュナとも呼ばれてます。
2005.10.19 Wed l kimi. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rainbownightingale.blog27.fc2.com/tb.php/20-9cdabdb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。