上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
総武線飯田橋駅新宿方面出口から右に曲がって坂を下った、外堀通りと神楽坂の交差点をさらに20mほど歩くと、そこに不二家パーラーがあります。数多ある不二家パーラーでも、ここにしかないのがペコちゃん焼き。人形焼の型が、ペコちゃんの顔になっているというものです。

「江戸たい焼き御三家」を制したあのお方でさえも、食べたことがないとか。

なぜか。

型では、ペコちゃんの黒目がうまく表現できないからです。つまり、見ようによっては、ペコちゃんが白目をむいて気絶しているように見えるのです。

ただ学生時代小腹がすいた時、そうは思っても、1個2個買っていました。5年位前、お取引先に理大出身の方がいらっしゃったので、お土産に買っていきました。嫁が、「そんな不気味なもん、どうすんの。怒られるざ。」と言ったのですが、「懐かしい。」と喜んでいただきました。(外交辞令だろうか)

たひやきの大家も、同じご感想をお持ちのようです。

私らだけではなかった。
スポンサーサイト
2006.03.12 Sun l 昭和 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rainbownightingale.blog27.fc2.com/tb.php/168-4d6e0f8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。