上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
左利きの人がいます。

現在では、圧倒的なマイノリティの左利きですが、もし、それが逆だったら。そんな、この世界と左右逆のパラレル・ワールド(つまり、鏡の世界)に迷い込んだ男の話がこれ、「鏡の国のアリス」

01140001.jpg


こちらから見れば、文字は鏡文字、楽器は左利き用、男風呂は女風呂(?)鏡世界の解説は圧巻。

書いたのは、夭折した天才、広瀬正。

筒井、小松左京、星新一はもとより、司馬遼太郎までも解説を引き受ける、彼はいったい何者だったのでしょう。“時間”を題材にした小説はストーリーはもちろん、そのディテールが秀逸。10年ほど前に集英社文庫から作品集全6巻が再発されています。絶対、オススメ。

筒井が解説を書くにあたって、如何に苦労したかは相当根に持っているようで。
スポンサーサイト
2006.01.14 Sat l 土曜日の本 l COM(2) TB(2) l top ▲

コメント

見つかりません
この本,一般的な本屋さんには,もう店頭にはないようです.
以前,紹介されたオヨヨ大統領シリーズも,この本も,古書をあたるしかないようです.
近所の古本屋さんには,残念ながらオヨヨはありませんでした.

東京出張時には,古書街に足が向いたのですが,最近は東京出張もなく行ってません.
今度東京へ行く機会があれば,探してみようと思います.
それにしても,まだまだ,面白そうなのが出てきそうですね.
土曜日は楽しみにしております.

2006.01.19 Thu l . URL l 編集
すいません。
amazon、紫式部あたりを当たればあると思います。

いつも手に入れにくいものばかりの書評ですいません。次は。v-411

広瀬正の『タイムマシンのつくり方 広瀬正・小説全集6』 が、筒井康隆氏の解説です。タイムパラドクスの評論の解説というややこしいお題で、総統カリカリきたそうです。
2006.01.19 Thu l うぐいす. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rainbownightingale.blog27.fc2.com/tb.php/117-103a20a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
先日の「左利き」記事において,Meganisteであり,ギタリストでもある,うぐいすさん(別称:福井の神様)が,詳細にコメント解説してくださいましたので,ここに完全版(100%そのまんま)として,掲載させていただきます.剽窃あるいは記事盗用のつもりは毛頭ありませ
2006.01.15 Sun l ~MEGANEの窓から~
先日の「左利き」記事において,Meganisteであり,ギタリストでもある,うぐいすさん(別称:福井の神様)が,詳細にコメント解説してくださいました.ここに感謝と敬意を表し,完全版(100%そのまんま)として掲載させていただきます.剽窃あるいは記事盗用のつもりは
2006.01.15 Sun l ~MEGANEの窓から~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。