上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
FTP終了以来、気が抜けたのか、やたら眠い。いつもより、1時間くらい多く寝ているのに、日中も眠い。今日も今日とて、木陰で30分ほど爆睡。事故を起すよりいいかと。

はよ、週末よ来い。
スポンサーサイト
2006.05.31 Wed l 日々是好日 l COM(3) TB(0) l top ▲


もうそろそろなので、靴下は二日目である。

○か×か、さあどっち。
2006.05.30 Tue l 日々是好日 l COM(2) TB(0) l top ▲
食に関してはどうも、当たっているようです。

子供の頃から、当たり前に食べていた、
1.おろしそば
2.カツ丼
3.(花見の席での)木の芽田楽
4.(冬に食べる)水ようかん
5.(皿にのってこない)焼き鳥
は、日本全国では通用しないらしいですね。

と言うことで、歓迎プランのコンセプト(なんと大仰な)は
福井の人間が当たり前に食べに言っている、日本の非常識。
地元の人間が行く店なので、そんなに高くもないし、、、、、。

まぁ、喜んでいただけたかなと。
特にMegane屋さんはじめ、みなさんのご満足している様子は、(たとえ外交辞令でも)嬉しいものでありました。

来年までに、手持ちのカードをもう少し増やしておきましょう。
来年はもっとうまくやりますので、よろしくお願いします。

追伸1:だいたいが、秋吉しか子供は行ったことがないので、1皿いくらの(皿に載ってたら冷めるだろう)焼鳥屋で、えらい目にあったことがあります。(皿洗って帰ろうかと思った。)

追伸2:ところで、秋吉のシロ、県外では全然売れないって聞いたけど、無いのでしょうか?逆に、つくねは食べませんが。
2006.05.29 Mon l オフ会 l COM(2) TB(2) l top ▲
今回の反省点
1.前夜祭2次会の居酒屋を予約しなかった。(まさか、あの時間に満員とは思わなかった。)おかげで、出席者を歩かせてしまった。“にんたま”が紹介できなかった。若干1名、運動した方がいいひとがいたのは幸い。

2.トークショーが長引いたので、海を回って、きれいな松並木の道を走られなかった。(知っているのは、昨年のFTP参加者のみか)まぁ、これは不可抗力と言うことで。

3.波状路での隊列を乱すようにとの指示をしなかった。自分のペースで走ると楽しかったはず。痛恨のミスですな。

4.注文がバラバラで草庵のデリバリーがこんなに遅いと思わなかった。下見はすべて煩雑時を避けていたので、出てくるまでこんなにかかるとは思わなかった。午前0時までに親方が家に着いたのは幸い。(いいのかなぁ)

まだまだ反省点はありますが、大きいところはこんな所か。来年に引き継ぎます。

では、zzzzzzzzzzzzzz。
2006.05.29 Mon l オフ会 l COM(11) TB(1) l top ▲
完全に今日は気力無し。

終わっちゃったからねー。
宴の後と言った感じです。

って、続いているのか。ここは。恐るべし、Q州人。
2006.05.29 Mon l オフ会 l COM(1) TB(0) l top ▲
恐怖の大魔神嫁いわく、
「このようかん、玉葱入ってるんか~~」

それは、“玉露ようかん”じゃぁぁぁぁぁぁ!!

2006.05.28 Sun l 日々是好日 l COM(0) TB(0) l top ▲
無事終わりました。ありがとうございます。

先、一年間、引きこもります。

おやすみなさい。


zzzzz
2006.05.28 Sun l オフ会 l COM(6) TB(0) l top ▲
我々は挑戦を受ける。明日0830、七色星団(L’PA)に艦隊集結の後、敵ガミラス本星(金津・創作の森)への総攻撃を開始する。地球の運命はこの一戦にかかっている。我々の本来の使命はイスカンダルより、放射能除去装置を持ち帰ることであるが、この一戦は避けて通る事のできないものである。必ず勝利し、地球に帰らねばならない。

事前に工作員による準備は穴だらけであるので、覚悟して来られよ。

諸君の、航海の安全を祈る。          B
2006.05.27 Sat l オフ会 l COM(0) TB(0) l top ▲
ピーカンです。
2006.05.27 Sat l オフ会 l COM(1) TB(0) l top ▲
なぜかいい天気です。

060527.jpg


今日明日ほど、天気予報外れて欲しいとおもったことはありません。

追伸:奈良では運動会が開催されます。

2006.05.27 Sat l オフ会 l COM(0) TB(0) l top ▲
明日のうちに運動会終わってください。

http://www.jma.go.jp/jp/yoho/326.html

あ、こっちか

http://www.jma.go.jp/jp/yoho/335.html

明後日はどうかな。

http://www.jma.go.jp/jp/week/326.html

朝のうちに雨上がってくれるといいけど。
2006.05.26 Fri l オフ会 l COM(2) TB(0) l top ▲
今日付の「福井新聞」です。

060525.jpg


FTP会場にて、10年かけてレストアした“パナール24B”のお披露目、デモランがあるそうです。私は寡聞にして知りませんでしたが、パブリカのモデルになった名車で、日本に走る実物は2~3台だそうです。

レストアしたのは、坂井市の業者とありますが、日本で一番ラグナ1を売った等の武勇伝で知られる、ルノー・ジャポン有数のディーラー「渡辺モータース」であるのは明らかです。

当日は、近くを走りますが、前は通りません。(多分)
2006.05.25 Thu l オフ会 l COM(2) TB(1) l top ▲
ラリホー2号(あんまり出てきませんが)は、昨日から東京へ修学旅行。いればいたで大変なのですが、いないと、やっぱつまんない。
2006.05.25 Thu l 日々是好日 l COM(4) TB(0) l top ▲
今日は午後から、客先で会議。
建築やさん、設備やさん、電気屋さん、塗装やさん、ガスやさん、通信やさん(あ、私だ)。
目の前に座った電気屋さん、新しい担当者さんも一緒。
あれ、どっかであったような。誰だ?
名前を聞いても記憶になし。

あ、分かった。

誰かに似ているのだ。
というか、私の友人によく似ている。
そっくりじゃないけど、顔の感じとか、雰囲気とか、すげーーー似ている。

以後、笑いそうになるのをこらえて、ちらちらとみていました。
おかげで、退屈せずに済みました。

ほんとなんか感じがよく似ているのでビックリ。


でも声をかけるとき名前の変わりにこう呼びそうでしたよ。

親方ぁぁぁぁぁ。




2006.05.24 Wed l 日々是好日 l COM(4) TB(0) l top ▲
だんだん事態は悪くなっているのか。

http://www.jma.go.jp/jp/week/326.html

それとも、いっそのこと、二日とも雨のほうがいいのか。

http://www.jma.go.jp/jp/week/335.html

うーーーーん、雹霰霙暴風雨男、侮りがたし。
2006.05.23 Tue l オフ会 l COM(5) TB(0) l top ▲
先週、朝から雨。いつも起きる時間より早くに、
「とーちゃん、起きてー。雨降ってるで(学校に、メガーヌで)乗せてってー。」
「やだ。眠たい。」
「そんならパソコンの前のミニカー、全部マジックで黒く塗るぞー。」

馬鹿野郎、それは、ルノー・レーシング・スピリッツ・コレクションじゃねぇか。この親不孝ものーーーーーーーーー
2006.05.22 Mon l 日々是好日 l COM(12) TB(0) l top ▲
今日は、アーサー・コナン・ドイル卿のお誕生日です。
世界中が、祝福しています。

conan_doyle.jpg
2006.05.22 Mon l 土曜日の本 l COM(2) TB(0) l top ▲
ヤツの足音が聞こえてきます。

FTPに来るかも知れません。かの巨人は福井も奈良も一またぎ。

誰?誰が?

雹霰霙暴風雨男がぁ!!!

来るんぢゃあねぇ
2006.05.22 Mon l オフ会 l COM(6) TB(0) l top ▲
いよいよ、ASAYAKEです。あとで聞いたのですが、難曲中の難曲だそうです。

聞いたことがある方は分かると思いますが、ギターはあのチャチャチャチャッチャーッチャッチャッチャーの1小節の16ビートのカッティングがすべてです。これを100回以上繰り返します。もちろん、16ビートですからノンディストーション、音のつぶ立ちをそろえるためにコンプレッサーを効かせることを基本に音作りをしなければなりません。しかも、やってみてわかったのですが、私はシェイクハンズスタイルのフォームで弾いていました。つまり、握手する様にネックを握る感じのスタイルです。当然ピッキングはベルトラインより下です。ところがこのカッティングのためには、クラシックスタイル、親指をネックの裏に宛てるスタイルでないと弾けません。ギターを上に上げて胸の下あたり、ピッキングは鳩尾あたりになります。たとえるなら、野球選手がバッティングフォームを、コペルニクス的に大改造するようなものです。(そんなたいそうなものではないか。)

それだけならまだしも、途中のソロは、6連のライト・ハンド・タッピング!!!!!速いィィィ!!!!!!

カッティングですが、メトロノーム相手に、譜割はあってきていると思います。でもあのはじけるようなリズムにはなりません。6連もあの速さはいきなり無理なので、これもメトロノームとにらめっこです。

毎日、仕事中でも、あのカッティングが頭に浮かんできて離れませんでした。

しかし毎週スタジオに入って練習しますが、最後まで弾ききることは出来ませんでした。さわやかに、さわやかには毎度のことでした。


そんなある日、あるところから新たなるオファーが。
2006.05.21 Sun l ROCK l COM(0) TB(0) l top ▲
昨日はお仕事。午後5時半終了。
5時半から斜め前の居酒屋で、宴会。
2時間飲み放題。葬式のお手伝いのお礼。
終了後、8時過ぎ帰宅。
9時半、スタジオへ。

060521.jpg


10時。練習開始。
3曲練習後、話し出したらとまらず。
結局帰宅は、0時半。
FTP関係のメール処理して、1時過ぎ就寝。

午前5時前起床。というか、運動会の花火で起される。
7時ごろ少しうとうとして、9時朝食。
10時約束で、自転車行のため、9時半出発。

遠回りしたため、12時半帰宅。昼食、シャワー。

さすがにバテバテで、昼寝。

5時から、試乗車を積み込み確認。なかなかうまくいかず30分かかる。6時前から、洗車。2台分。

7時過ぎ夕食。

パソコンは娘に占領され使えず。

なかなかタイトな休日でした。
2006.05.21 Sun l 日々是好日 l COM(0) TB(0) l top ▲
http://www.jma.go.jp/jp/week/335.html

こっちのほうが問題かも。
2006.05.21 Sun l 日々是好日 l COM(2) TB(0) l top ▲
http://www.jma.go.jp/jp/week/335.html
2006.05.21 Sun l 日々是好日 l COM(2) TB(0) l top ▲
ポール・マッカートニーが離婚しました。

離婚届を差し出した弁護士はこういったに違いない。

「ポール、ここにサインしろ。」
2006.05.18 Thu l 日々是好日 l COM(4) TB(0) l top ▲
紆余曲折を経て、バンドのメンバーが固まってきました。

キーボード Mさん。
ドラム S 彼が高校生の時、行きつけの喫茶店で隣に座ってた。
ベース N 彼が高校生の時、HOPのりきに来ていた。私が店員のNと「秋吉」に行く時知らない間についてきたうちの一人。
ギター ブライアン

シンガーはまだいません。
というか、見つかっていませんでした。

Mさんは自作の曲をやりたかったようです。

我々(私だけか)は、バンドやりたい飢餓感が先立って、スタジオにこもって音が出せるだけで満足でした。

当時の機材は、
ギター 
Fender Stratocaster '57Vintage Reissue
Moon Stratocaster Type改
Ibanez Jem77 Steve Vai Model

エフェクター
Boss ME-10

アンプ(スタジオに備え付けの)
Roland JC-120

実は、このドラムの男S、気分が乗っているときは、本当にすごいのです。どうすごいのか。こちらまで気分が高揚してきて、ハイにしてしまうのです。これなら、往復29万6千光年の旅にも目処が立つと思いました。

しかし、ある日Mさんがぼそっと言ったのです。
「そのギターの音、もっとさわやかになりませんかね。」
どうも、ハードロックみたいなディストーションがかかったような音に聞こえていたようです。実際は、オーバードライブを少しかけているだけでしたが。しかも、JEM77は、フロント、リアともDiMarzioスーパー・ディストーションがマウントされているため、どう考えてもあわないのは分かっていました。(そりゃそうだろ)で、ストラト系の2本を使っていたのですが、どうも高音域が出すぎていたのかも知れません。(私の場合何を弾いてもそういう傾向にあるらしく、たいていハイを絞っています。)どうにもその場では修正しがたく、その日の練習は終わりました。もちろん、他の曲もやってたはずなのですが、記憶が一切ありません。

後日、(世捨て人)Nとスタジオに入ってああでもない、こうでもないと一応セッティングを見つけて練習に行きました。でも、彼の思う音色ではなかったようです。さわやかに、さわやかにと要求されました。

(会ったことがある人は知っていると思いますが、)私は、北国指向の、(カリフォルニアの)青い空よりも、(ロンドンの)鉛色の空の方が大好きな人間ですので、相当無理な話でした。

いらついた私は、つい、その練習の合間に、Rainbowのリフを弾いてしまったのです。すると、SとNが加わってしまったのです。3人でいきなり曲が始まったことに、Mさんは憮然とした表情でいました。やばいと思いすぐ過ぎやめましたが、彼には思うところがあったのでしょう。

次に練習しようと言う曲を持ってきたのです。もちろん、その曲は、ASAYAKE
2006.05.17 Wed l ROCK l COM(4) TB(0) l top ▲
「下宿人ファイル」ドラマ化したときの配役考えて見ました。

舞台:ゲシュク・ニュー越谷  阿弥陀荘


MTKN      斉藤 祥太    
下宿人H      劇団ひとり
下宿人S      要 潤
下宿人T      ゆうたろう
下宿人C      田中 直樹
先輩 M      長井 秀和
先輩 A
下宿人K      小橋 賢児

オーナー(初 代) 江幡 高志
オーナー(二代目) 小日向 文世
オーナー(三代目) 渡辺 哲

自転車屋のおやじ  小林 克也
山田さん      坂東 英二
喫茶店のママ    森口 瑤子

演出      桑原 茂一


ご不満ございましたら。
2006.05.16 Tue l 日々是好日 l COM(10) TB(0) l top ▲
果たして、いざ会って話してみると、“Coast to coast”はカシオペアの同名異曲でした。

えっ、フュージョン?おれが?

ブリティッシュ系しか聞いたことないぞ。

だから、

16分のカッティングなんてやったことないぞ。リズム感ただでさえ悪いのに、キメキメとかいっぱい出てくるんだろうなぁ。ドッスンバッタンのリズムしか知らないぞ。
スケールは何使うんだ。メジャーか、コンビネーション・オブ・ディミニッシュか、まさか、ホールトーンなんていうんじゃないだろうな?知ってるスケールは、ペンタ(+♭5th)のほかは、マイナー、ハーモニック・マイナー、メロディック・マイナー、ハーモニック・マイナー完全5度下しか知らないぞ。(Blackmoreのスケールだ)
コードはどんなの使うんだ。メジャー、マイナー、そのテンション・ノート、ディミニッシュくらいしか知らないぞ。
などなど、不安がいっぱい。

ところが、コードは3度をオミットした、ロックのパワーコード、16分のカッティングはなし。リードは決め弾きで、死ぬほど難しい所はなし。ただ貰った譜面のタブ譜がいい加減で、一部耳コピーしなければならなかったけど。あとは、みんなの持ち寄った曲を練習することになりました。家で練習していると、普段およそ聴かない曲を聴きだしたので、嫁は(私が)気が触れたと思ったのはご愛嬌。

ただ、シンガーが見つかっていないのが、この時点での不安でした。

シンガーが見つからないまま、練習開始。軽く考えていたのですが、なかなかうまく演奏できません。問題は、私のギター。やはり、カシオペア。リズムはシビアでした。

また、この年頃(30代前半)は、子供が生まれたとかみんなに色々家庭の事情もあり、(ギターの下手さ加減に辟易したのか)メンバー交代交代。結局、私の知り合いを引っ張ってきて、キーボード以外は、私の友人(ベースとドラム)という編成に変ってきていました。

でも、まだ、シンガーは見つかっていません。








ここまで書いてきて、知らない人にはほとんど暗号。つづけていいのかしら。
2006.05.16 Tue l ROCK l COM(2) TB(0) l top ▲
ASAYAKEである。カシオペアである。この陰々滅々とした話をする日がいきなりやってくるとは。

フュージョンに関しての暗い話をすると大学時代にまで遡らねばなりません。岡山のW、福岡のN、栃木のG、Iなどとの楽しかった話もふくめてまたいつか機会があるときとして、十数年前から話を始めます。

その頃まで、真剣には、フュージョンは聴いたことがありませんでした。ハード・ロックのスピード感も性急さもスピリットも感じさせない、コードは複雑でなかなかトニックへ落ち着いてくれない、テクニックをひけらかすだけの冗漫な音楽との認識であったからです。

ある日、いつものようにHOPのりきに行くと、店員のMが「バンドやろうぜ。」と誘ってきました。彼はドラムだったのです。キーボード(それも同い年)で、バンドメンバー探している人がいるのでどうかとのことです。どうも“Coast to coast”とかをやるらしい由。スコーピオンズか。先の4人がやっていた曲なので、実は喜び勇んでいました。本来なら、ここでおかしいと考えなくてはならなかったのです。キーボーダーが、キーボードレスのスコーピオンズをやるわけがないと。

2006.05.15 Mon l ROCK l COM(2) TB(0) l top ▲
さばえ西山公園のつつじまつり、GWが見ごろで、大勢が押しかけるため朝早く、BATサイクルを駆って言って来ました。つつじまつり自体は、5月3日~5月5日まで。

4月30日、まだ咲いていません。今年の気候はおかしいのかなぁ。
04300003.jpg
04300004.jpg
04300005.jpg


芝桜は咲いています。
04300006.jpg


で仕切りなおしで、5月6日に。
まだつぼみでした。
05060001.jpg
05060002.jpg
05060003.jpg
05060004.jpg
05060004.jpg


ようやく今日、見ごろになりました。ところが、生憎の雨で、青備えのBATモービルで。

05130001.jpg
05130002.jpg
05130003.jpg
05130004.jpg
05130005.jpg
05130006.jpg
05130007.jpg
05130008.jpg
05130009.jpg
05130010.jpg
05130011.jpg
05130012.jpg
05130013.jpg

2006.05.13 Sat l 街へ出でよ l COM(0) TB(0) l top ▲
'07年モデルまで待つそうです。

それまで、白のレストアで楽しまれるそうですが、そのモチベーションの維持のため、FTP会場にて試乗なさいませんか?


ご用意させていただくのは、
04290001.jpg
試乗車です。
もちろん手前の白いBATサイクルです。
いわゆる、ペトロナス・ツインタワー仕様です。
ちなみに後ろにあるのは青備えのBATモービルです。




つづいて
05120002.jpg
試乗者です。
一生の不覚でした。
えええ悔し、えええ悲し。
BAT背中です。
おなじみ、デーモン・ヒル仕様です。
撮影は、娘です。




安全のために、こちらもご用意いたしました。
05050085.jpg

ヘルメットです。
いわゆる、BATメットです。





ああ、またボケてしまった。もうボケないと誓ったのに、誓ったのに。
2006.05.12 Fri l 自転車 l COM(6) TB(0) l top ▲
近所に住む母方の祖母は新潟の出。子供のころ、季節になると山のような手作りの笹だんごが。1シーズンに10数個は食べていたような。最後は硬くなっているので、焼いたり、蒸しなおしたりして。今でも、口から鼻に抜ける笹のにほひの記憶が強烈に残っています。

時は流れて、もう作られなくなったのか、もう送られてくることはなくなりました。市販の笹だんごにはあのおいしさがないような気がします。

そんな記憶を呼び覚ますものをいただきました。

05080003.jpg


めぐりめぐって福井までやってきたようです。

さて次はどこへ旅させようか。

そういえば「坊ちゃん」には越後の笹飴が出てきますが、あの辺は笹が何かあるのでしょうか?
2006.05.08 Mon l 昭和 l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。