上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ウルトラマンを思い出してしまいました。

ウルトラマン、あなたはいったい何者ですか?

地球を守ろうとしていたわけではありませんね。ゼットンに敗れたとき、ゾフィに言いました。ハヤタを事故死させたため、彼に命を与えるために地球に残ったと。

ガバドンと戦った時は、子供達に帰れ、帰れといわれながら戦いましたね。あの時は、ガバドンこそがヒーローであり、あなたは悪役でした。

怪獣墓場の存在を知った時、あなたは天に向かって何を考えたのですか。シーボーズを宇宙にかえそうとしたのは、贖罪の意味だったのですか。地球人にとって、怪獣は巨大というだけで罪だったわけですか?

ジャミラが、宇宙飛行士(=地球人)の変わり果てた姿、しかも、事故で救出されなかったことが原因と知りつつも、戦いました。イデ隊員の言葉はあなたの心に届いたのでしょうか?

酋長怪獣ジェロニモンのとどめを、イデ隊員に譲りましたね。あれで、彼のウルトラマンへの依頼心が消えたとお思いですか?それこそ、ウルトラマン、あなた自身の思い上がりではありませんか?

ウルトラマン、あなたはいったい何者ですか?

それでも(だからこそ)、あなたは私の偉大なヒーローです。
スポンサーサイト
2006.02.28 Tue l 昭和 l COM(0) TB(0) l top ▲
脚本家の佐々木守氏が亡くなりました。謹んでご冥福を祈ります。

朝日新聞より

一番印象的なのはもちろん「ウルトラマン」。実相寺昭雄監督と組んで裏ウルトラマンワールドを構成していました。
特にジャミラの登場した、“故郷は地球”。宇宙開発の犠牲者であるジャミラと戦わなくてはならない科学特捜隊、ウルトラマンの辛さ、悲しみが心に残っています。他にも、ウルトラマンが子供の大ブーイングの中、ガバドンと戦う“恐怖の宇宙線”、倒した怪獣に対しウルトラマンが祈りを捧げる“怪獣墓場”。ただの勧善懲悪とは一線を画すウルトラマンの裏名作を書き上げた人です。そのほか、脱ドラマといわれた、虚構を捨てた実験的な番組が子供心に新鮮でありました。
2006.02.27 Mon l 昭和 l COM(4) TB(0) l top ▲
02270001.jpg



日産のご担当様。今一度、この本をお読みいただきますようお願いいたします。(ピンボケですいません)

帯はRSです。6気筒が王道でしょうが、阿魔野邪鬼としては、FJ20の4気筒もありかなと思っております。

この頃のCFで、ポール・ニューマンも言っています。
“SKYLINE is terrific.”
2006.02.27 Mon l 土曜日の本 l COM(2) TB(0) l top ▲
“午後の紅茶”のCF、松浦亜弥が歌うは、“Move over”(邦題:ジャニスの祈り)。歴史的名曲ですな。オリジナルのジャニス・ジョプリンの情念がこもった歌い方と違って(できなくて)、耳障りのいいポップソングに仕上がっているようです。

再評価のブーム、来ないかな。価値があると思いますが。

また、あのクルマのCFには、まいどおなじみ、ミッシェル・ポルナレフの“Tout,Tout,Pour ma Cherie”(邦題:シェリーに口づけ)、ビールにはサディスティック・ミカ・バンド(ミカはいないけど)の“タイムマシンにお願い”と、おんさんにはうれしくってたまりません。
2006.02.26 Sun l ROCK l COM(10) TB(0) l top ▲
今日は、天気もよく、暖かい、絶好の自転車日よりでした。でも、今日は出勤日、お仕事でした。ブーブー。

《》manma将軍率いる眼鏡人力鉄騎馬隊は、鈴鹿へ進軍せむとしていますが、会社の好き者どもも、いざ行かむとしています。下手するとあたしゃ、二股??

で、仕事が終わったあと、シマノ鈴鹿ロードレースの公式ホームページにアクセス。あの、国際サーキットコースを走れる。と喜んでいたのですが、コース図を見てビックリ。

>シマノ鈴鹿ロードレースは、国際レーシングコース[5.82km]を反時計回りします。

逆走?逆走するの????

コントロールラインから最終コーナー→シケイン→130R→西ストレート→スプーンカーブ(もういいですか。そうですか)と駆け上がっていくのです。で、逆バン→S字を駆け下りてくるのです。(しつこいですか。そうですか)

イメージができません。ブーブー。
2006.02.25 Sat l 自転車 l COM(4) TB(0) l top ▲
福井には原発がたくさんあります。おかげで、ゴジラも来ました。ビオランテまで追いかけてきました。

原発は安全に充分注意している、事故はおきない前提の下、多額の交付金とひきかえにやってきました。道路や学校ができ、雇用の場も広がりました。しかし、果たしてそれは正しかったのでしょうか。

今日、電気が安定供給されなければ、生活が成り立たないのは分かっています。必要なのもわかっています。では、安全ならば、都庁の横に、大阪城のまん前に、福岡ドームの真下につくったっていいじゃないですか。でも、人間のやることです、間違いはあります。まして、安全管理に手抜かりがあったら、事故を起こすに決まっています。

先般の美浜原発の事故の際には、犠牲になったのはなんの落ち度もない、下請けの方々ばかりでした。そのご家族が関電の社長に詰め寄る言葉にはいまも心に残っています。原発の安全管理に勤めていると、TVCFを流すのであれば、その結果を出していただきたいと思います。

先日は対テロの訓練も行われました。確かに攻撃するのであれば、実に効果的な場所でしょう。

原発事故に直接関わっていなくても、風評被害というものがあります。これでまた、なんの落ち度もない方々の生活が脅かされるわけです。

もともと、若さは海の綺麗な食べ物のおいしい所です。しかし海水浴場の横に原発があるのです。こんな光景です。

周辺の方々は、関西の人の快適な生活のためにリスクを背負っています。

最近の原電の安全に取り組んでいますというTVCF(=プロパガンダ?)をみて、あまりのお為ごかしに見えて却って不安になります。

2060年の原子力旅客機が出てくるお話や、スーパーロボットが警視庁8番目の刑事として活躍する世界観では原子力は夢のエネルギー(古い言い回しだな)として扱われるのになんの異論もございませんが(時代が違う)、現実は分かっていただきたいと思う、うぐいすのおんちゃんでした。



2006.02.24 Fri l 考え中 l COM(7) TB(0) l top ▲
拳を上げるなら、充分に確信を持ってあげましょう。

野党がこんなごたごたするなんて、ちょっと失望。
なんせ、阿魔野邪鬼としては
自民党より、民主党と答えるべきなんでしょうが。
できませんなぁ。

きちんと説明しないと、緒川たまき嬢が、来ますよ。

緒川たまき嬢のシーンだけのビデオでないかな。
2006.02.23 Thu l 考え中 l COM(3) TB(1) l top ▲
先日、ナポリタンよりミートソースに1票いただきました。

今日は、ミートソース・スパゲティでした。嫁が、トマトから作ったものです。とっても意外な話で、自慢ではありませんが、(自慢しますが)うちの嫁は料理がうまいのです。本気を出すとすごいのです。ですから、子供は外食するよりも家でごはんを食べたがります。たまには外でとも思うのですが、(貧乏人ということもあり)家で食べてしまいます。

でも、手抜きをしだすととことん手抜きなのです。信じられないくらいです。このことでよくよく喧嘩になります。恐ろしいです。
2006.02.23 Thu l もぐもぐ l COM(4) TB(0) l top ▲
ヒコーキの話。突っ込みたいのですが長い文章を書く気力がありません。

今日は、寝ます。チックショウ(by 小梅太夫)
2006.02.22 Wed l 日々是好日 l COM(2) TB(1) l top ▲
かの代々木上原から1駅目に東北沢といふところありけり。

東北沢駅を出て、踏切を渡って三角橋の三叉路を通りすぎると、航空宇宙研究所があります。その道の反対側、歯医者さんと健康食品店の間の路地を入ると、わがアパートがありました。その大家さんは河合さん。当然アパートの名前は“河合荘”。そうですかわいそう

だから、なんだって?同級生で気がついて笑ってくれたのは、たった一人でした。だから、書いてみたかったのです。
2006.02.21 Tue l 街へ出でよ l COM(7) TB(0) l top ▲
お子さんが生まれたての方、将来お生まれの方にご注進。
首がすわってお座りができるようになったら、キャベツ畑で写真を一枚撮っておきましょう。
将来、
「赤ちゃんは、どこから生まれるの?」
「それはね、キャベツ畑で生まれるんだよ。ほら、君が生まれたときの証拠写真だよ。」といえるのです。

私?

撮り損ねたので、顔が真っ赤になってしまいました。パオ。
2006.02.21 Tue l 日々是好日 l COM(2) TB(0) l top ▲
かの代々木上原から2駅目に下北沢といふところありけり。

下北沢、特に南口から庚申堂へ下る道でジャズが思い浮かぶのはなぜでしょう。

いつも行った“かくれん坊”では、大瀧詠一がかかっていたはずだし、ウォークマンで聴いていたのは、ROCKばっかりでしたから。

ある下北沢が舞台のコミック(タイトル忘れた。)に、“エラ”というバーが出ていたからでしょうか。エラというのはエラ・フィッツジェラルドから由来していたはずでしたから。それとも、マサコというジャズ喫茶の老舗があるからでしょうか。キッチン南海の近くに“TAKE5”というバーがあったからでしょうか。(わー、JAZZの大家が怒ってる。)

多分、この“Cafe Trois Chambres”の印象が強いからでしょうか?おいしいコーヒーとJBLのスピーカーからジャズが(もちろんレコードで)ながれるそれはそれはとても居心地のいい所でした。決して分かりやすい場所ではないので(ないからこそ)、ドアを開けた瞬間、非日常の空間へトリップ出来たるのです。客も多分そのことは分かっているのでしょう。大声でおしゃべりする人は皆無でした。レイモンド・チャンドラーやミッキー・スピレーンの本をおともに、お金のあるときはカフェ・ノワール(当時は破格の500円)を、そうでもないときは、酸味のカゼ・ブレンド(苦味は、ニレ・ブレンド)で、至福の時間をすごしたのでした。こんな店、寡聞ながら、他には知りません。


あーあ、思いでモードに入っちゃった。

補遺:現在、カフェ・ノワールはメニューにありません。ただし、マスターが出ているときに頼めば、出してくれる可能性もあると、一昨年に聞いています。
2006.02.20 Mon l 街へ出でよ l COM(2) TB(0) l top ▲
さすがの峠を越えましたが、同級生に子供が生まれた時はよく見に行きました。(さすがに去年、一人生まれた奴がいましたが、みなその馬力に驚いていました。)

で、赤ちゃんを抱っこして歌ったのが、この歌。ローリング・ストーンズの“Jumpin'Jack Flash”

「子供が、夜寝付かなかった。」
「夜泣きした。」
「うなされていた。」
と、お母様には大変ご好評をいただきました。

さあ、新米お父さん、こんなことをしてはいけません。

2006.02.19 Sun l 日々是好日 l COM(6) TB(0) l top ▲
18日の午後10時から2時間、約3ヶ月ぶりのスタジオ。いまだに手が火照っています。

言われて気がついたのですが、このバンド始めて10年たったそうです。そうか確かに、初めてみんなの前でやったとき、子供はまだ、幼稚園に通っていましたから。月日の流れは早いものです。

後片付けをしていると、静岡方面から、うれしいお知らせ。

印象に残る一日となりました。
2006.02.19 Sun l 日々是好日 l COM(1) TB(0) l top ▲
目頭が熱くなるほど、うれしい。感動しています。

お誕生おめでとう。
ようこそ、いらっしゃいませ。


大きくなったら遊んでね。

でも、日を選びなさいよ。本当に家の子と同じ星の下に生まれなくても。とうちゃん、かあちゃん、大変ですぜ。あんなんなっても知らないからね。
2006.02.19 Sun l 日々是好日 l COM(4) TB(1) l top ▲
先日、胃カメラを飲んだ報告をしたところ、皆様にご心配いただきありがとうございました。本当にうれしかったのです。

で、結果が出ました。

異常なしです。

ほっとしましたが、なぜにかくも胃がきりきりと痛んだのか。ストレスかなぁ。

ストレスといえば、Q州の健啖家は、どうでしょうか?

ご自愛下さいませませ。
2006.02.18 Sat l ごあいさつ l COM(7) TB(0) l top ▲
がんばれ。
もうすぐとうちゃん
もうすぐかあちゃん

みんながついてるぞ。


(だよね、だよね)
2006.02.18 Sat l 日々是好日 l COM(2) TB(0) l top ▲
新宿から小田急に乗って代々木上原をすぎたすぐ右側(早い話がいわゆる山側)にイスラム寺院がありました。さすがに生まれてこの方見た事がなかったので、結構インパクトがありました。弘兼憲史氏の“ハロー張りネズミ”にも手がかりとして登場していました。

実は、ここの前を歩いていると、表に並べられていたパンフレットが風で吹き飛ばされていました。神父さん(イスラム教ではなんというのでしょう?お坊さん?)がお一人であわてて集めているので、お手伝いを。すると中へ入れと言う。当時(今でも)宗教にまったく興味がなかったこと、そのまま入信させられそうな気がしたので、丁重にお断りしました。パンフレットだけはいただいてきました。

02180001.jpg
何の物持ちのいいこと。


今思えば、中へ入らせていただいて見学してくればよかったと思います。特に、今のようにイスラム世界に関心がある時期には、何か役に立っていたかもしれません。

あとで聞いた話ですが、あのお坊さんは、かのテレビ版“バットマン”のナレーションでおなじみロイ・ジェームス氏のお父様だそうです。
2006.02.18 Sat l 街へ出でよ l COM(2) TB(0) l top ▲
四半世紀の時空を超えたご近所さんがいらっしゃいました。

上京した数日前、千代田線が小田急に乗り入れました。残念ながら駒場に学校があったわけではないので、住みだしたのは80年からです。上原3丁目でした。渋谷区、目黒区、世田谷区が入り組んだややこしい所です。本当は下北沢に住みたかったのですが、家賃の問題で、ちょっと離れたここになったしだいです。ただ、池ノ上、代々木上原、下北沢、ちょっと足を伸ばせば、笹塚にも行けるという地の利はありました。

で、当時の代々木上原は改札を出ると、両側は金網。将来利用するであろうフロアと階段と高架の支柱がコンクリート打ちっぱなしで見えるだけでした。しかも、もともと谷の底みたいな場所なので、線路の両側を走る道路の高さが違うのがおかしいかったのです。ここに死体を隠しても絶対ばれないだろうと不埒なことを考えたりしたものです。ただ街としては、千代田線のにおいが漂いだした頃です。(二駅で、原宿、表参道と続いていました。)ビストロとかが上原銀座の坂の下にできていました。また、東北沢よりの高架下、井の頭通り沿いにはおしゃれな洋菓子屋が。(イチゴのタルトがおいしかった。)でも、坂の上は普通の住宅地でしたので、100円餃子・やきそばの店もありました。新宿よりのいまは本屋さんになっている所です。

アパート(四畳半、風呂なし、トイレは共同)から、上原小学校の前を通って初音屋を左に見て上原湯へ。このあたりでよく食事を。貧乏学生でしたので、500円前後の定食を。井の頭通りへ出るところのコンビニは当時珍しいものでした。井の頭通りは上下一車線のみの、狭い道路です。古本屋あったあたりはもう道路になっています。上原銀座の坂を降りていく途中に中華料理屋さんがありました。あそこのつけ麺はちょっと変った味だったよなぁ。で、そのあたりの路地を入ると貸しレコードやさんがあったり、喫茶店があって、本屋さんがあって、なかなか居心地のいいところでした。下北沢が、70年代の混沌としたエネルギーにあふれた街とすると、ここは落ち着いたのほほんとした感じがありました。どっちも好きですが。

いまでも、東京出張の折にはぶるぶら歩きに行ってます。

なんか、もう一度住んでみたいなぁ。と思う今日この頃でした。
2006.02.16 Thu l 街へ出でよ l COM(2) TB(1) l top ▲
相変わらずのひねくれ者です。

己が身に省みてみれば、

巨人より、阪神
トヨタより、日産
カレーより、ハヤシ
日本車より、輸入車
ドイツ車より、フランス車
レッド・ツェッペリンより、ディープ・パープル
エリック・クラプトンより、ジェフ・ベック
ギブソンより、フェンダー
レス・ポールより、ストラトキャスター
ビートルズより、ローリング・ストーンズ
王貞治より、田淵幸一
長嶋茂雄より、村山実
ジョンソンより、ラインバック
ナポリタンより、ミートソース
ジミー・ペイジより、リッチー・ブラックモア
ボン・ジョヴィより、ヨーロッパ
ロニー・ジェイムス・ディオより、グラハム・ボネット
イアン・ギランより、デヴィッド・カヴァーディル
アガサ・クリスティより、エラリー・クイーン
ジョン・ボーナムより、コージー・パウエル
ボブ・ディランより、ポールサイモン
マーティンより、テイラー
鉄腕アトムより、8マン
ゴジラより、ガメラ
ウルトラマンより、マグマ大使
鉄人28号より、伊賀の影丸

やっぱ、微妙にひねくれてる。やっぱり、お仲間か。

王道、スタンダードはひとつですが、ひねくれ方は星の数。
2006.02.16 Thu l 考え中 l COM(5) TB(0) l top ▲
我らが眼鏡鉄騎馬隊の《》Manma将軍は偉大なるお方なるめり。

おかげさまをもちまして、自転車部会員が自由に記事を投稿できる自転車ブログの立ち上げていただきました。パチパチパチ。
URLはこちら。
http://grando-scenic.de-blog.jp/meganiste_japon_cycle/
私にはこんな大変な作業とてもできません。パオ。

今更、私ごとき泡沫会員が言うこともないのですが、一言。(言うのか言わないのかどっちだ。言う。)

自転車のおかげで、
健康面では、
7キロ痩せた。
血糖値が下がって、薬を(いまの所)飲まなくて済むようになった。

とある事情によって(雪の馬鹿)3ヶ月以上乗らなかったら、コレステロール値が上がって、1キロ太りました。

自転車の健康にかかる効果はあると思っております。

一番の楽しみは、自動車とは違う風景が見える事と思っております。

余計なお世話ですが、自転車春から始めてみませんか。

個人的には、スプリントとか、ロードにあまり興味はありませんが、自分なりの楽しみ方で、やっていきたいと思います。

ぼやき:パーツの話が見えません。ぼちぼちと勉強しなくては。

補遺:なるめりの用法が誤りなのは分かっています。でも、この語感が好きなんです。ご容赦あれ。パオ。

2006.02.14 Tue l 自転車 l COM(7) TB(0) l top ▲
ようやく手に入れました。Blackmore's Nightの“Village Lanterne”。ぱちぱちぱち。

02100001.jpg


もちろん、“Street of Dreams”も収録されてますが、なんと、“Child in time”まで。明日、ゆっくり聴けるかな。最近、なかなか音と向かい合って聴くことないので。CDになってお手軽に聴けるのはいいけれど、真剣に音と向かい合うことがなくなりました。

リリースにあわせて、各誌の表紙もBlackmore。

02100002.jpg


BURRN!!誌のインタビューによると、福井弁で言う所の草履みたいな(草履んたな)ジョー・リン・ターナーは呼び寄せたのではなく、ボーカルトラックだけ録りに行ったとか。御前は会ってないみたいです。スタッフがあわてて逃げ帰ったと言うのがおかしい。

毎月、Blackmore特集でも、何の問題もないですよ。
2006.02.10 Fri l ROCK l COM(2) TB(0) l top ▲
伊福部昭先生のご冥福をお祈りいたします。

http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20060208it15.htm?from=top

子供のころから、先生の音楽を聴いて、ワクワクさせていただきました。合掌。
2006.02.10 Fri l 考え中 l COM(0) TB(0) l top ▲
ここ数日、どうにも調子が悪い。とうとう昨日は腹痛で、まっすぐ立てず、仕事先の病院で、そのまま受診。診察のすえ、胃カメラを飲むはめに。前回飲んだときあまりの苦しさにビビリまくっていたら、鎮静剤を打つと楽になるとの由。危険性の説明を聞きましたが、答はひとつ。「痛いのは嫌です。」でも、不安。夜、痛みはひいたんですが、原因がわからないのは怖いので覚悟を決めました。

で、今日、飲みました。その前に鎮静剤を注射された瞬間、記憶がーーー。気がついたら、2時間以上経過していました。「あら、よく寝ましたねぇ。」ひょっともしたら、ただの寝不足か?でも、頭はふらふら、喉は痛いし、作業してるうちの社員は、「アハは、死んでる、死んでる。」って言うし。結局、1日ボーーーっと過ごしてしまいました。パオ。
2006.02.10 Fri l 日々是好日 l COM(10) TB(0) l top ▲
何とかしてください。
2006.02.06 Mon l 日々是好日 l COM(2) TB(0) l top ▲
まとめ書き、最後です。


子供が読みたい本をもっていることに気がついて探していると、学生時代のテキストが大量に出てきました。

02060001.jpg

一番上の人がそのひねくれ者です。

勉強していない教科もあれば、それなりのも。でもそのほとんどが実になっているのでしょうか。意外にも、仏語は結構書き込みがしてあります。でもまったく覚えていません。話はここへ行き着くようです。
2006.02.06 Mon l 宝物 l COM(3) TB(0) l top ▲
またしばらく書けないので、一言。

自分が興味ある、好奇心のそそられる学問を勉強をすることは、とても楽しいものです。是非、希望の学校に合格できますように。
2006.02.06 Mon l 考え中 l COM(0) TB(0) l top ▲
まとめ書きしてます。“情熱大陸”に見入ってしまいました。

長らくお休みにしていますが、《》Manma将軍率いる、眼鏡人力鉄騎馬隊の足軽(ン、なんかおかしい。足軽は馬に乗らないぞ)として、そろそろ、ヘルメットを考えなくては。

福井のオートバイ乗りながら、アレジのヘルメットデザインの人がいるとか。00年には鈴鹿の駐車場に、マンセルのデザインのヘルメットをかぶって、原チャリ乗ってた人がいました。

紺色のを買って8本のオールを書くとか天辺にユニオンジャックを書くとか。

んーーーーーーー、悩む、悩む。

2006.02.06 Mon l 自転車 l COM(2) TB(0) l top ▲
ひねくれ者だそうです。

果たしてそうでしょうか?

人の数だけ、美意識と価値観があります。
自動車なんて、走れば良いと言う人だっています。ギターみたいな木の板に、何十万、何百万と払うことが信じられない人もいます。自転車だって、ホームセンターの1万円未満で充分と言う人もいます。

個人的には、ドイツ車はおろか、輸入車ってほとんど乗ったことがないので、アレルギーがないかわり、比較もできませんが、自分の琴線に触れるかどうかが基準です。金銭も基準ですが。どういう要素が琴線に触れるのかは分かりません。一目ぼれでもないようです。メガーヌの時は、はじめてみたときは「何、これ?」でしたが、3年殺しのようにじわじわと欲しくなってきました。だから、もしや、ドイツ車が欲しくなる日があるかもしれません。

唯、言えるのは、図らずもゴルフのコピーと同じ。
他人と同じはいや。

変わり者と言われる由縁です。

でも、他人と違うと言うことが好きになる理由になることはないですけどね。
2006.02.05 Sun l 考え中 l COM(4) TB(1) l top ▲
“JUNK SPORTS”のエンディング・テーマ。かの、後期Rainbowの名曲中の名曲、“Street of Dreams”。しかも、演奏はBlackmore’s Night。つまり、セルフ・カバーですな。しかも、福井弁で言う所の草履みたいな(=草履んたな)、ジョー・リン・ターナーまで呼び寄せてレコーディングされたもの。

でも、何で? 楽曲のよさだけで?

理由はこれですか。

“吉本興業が洋楽進出”

オリックスみたいに新喜劇に出ないかな。花月でギター・クラッシュやらなないかな。

アンプに火をつけるとか、TVカメラに水かけるとか、ギターで壊すとか、(気に入らない)プロモーターを裸でステージにつるすとか、出演者にピザ投げつけるとか、ギターのヘッドで頭をたたくとか、靴の中をシェービング・クリむだらけにするとか、自分の○●◎を黒い袋に入れて他人の楽屋に入れておくとか。(全部、本人はやっている。)

2006.02.05 Sun l ROCK l COM(2) TB(1) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。