上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
センター試験の話です。

はてさて、とんでもないことを言ってしまいました。もちろん、頭の中では分かっているのですが、これを言葉に組織していくのはなかなか難しいです。日中、つらつら文章を考えているのですが、どうなりますやら。

前提:年代的にセンター試験の前身、共通一次試験(死語)を受けていません。国公立大は一期校、二期校(どっちも死語)最後の世代であります。浪人したら、共通一次を受けると言う崖っぷちでした。ただし、(当時の)新課程第一期生でもあります。試験自体では、マーク・センス方式が一部で実施され、同時に、小論文という未知の問題が表れ始めていました。“受験生ブルース”(ボブ・ディランの替え歌だ)に代表される大学受験制度改革の議論が喧しい頃であります。私自身は国公立は落ちまくり、都会の某私大にもぐりこむのがやっとでした。受験した動機は当時のホームランバッターの出身校と言うだけで、しばらく、挫折感だけが残っていました。
そして、いまは、もうすぐ受験生の親になろうとしています。

その私が、なぜ、センター試験の意義について懐疑的なのか、のお話です。悔恨の思いも一部込めて。

一番受け入れがたいのは、同一の問題を全国一斉に実施することです。これでは、かえって学校の序列を進めるのではないかということです。この点数だからこの学校、この点数しか取れなかったからあの学校と言う進路指導をされるのではないかと懸念するわけです。少なくとも、あの頃のわが母校の進路指導部ならやっていたでしょう。国公立に何人合格させたかが、指導部の力の証明、ひいては、その学年の学生の評価とされていました。君はこの点数だから入れそうな学校はこことあそこ。あ、そこは無理無理。と言う指導しかしていませんでした。お前に東大が受かるわけがないといわれた友人が、一念発起、見事合格しましたが、まさかそこに深謀遠慮があったとは思えません。とても、その友人のことを思っての指導とはいえません。この歳になっても根に持ってる奴は何人もいます。

本来、大学は最高学府(これも死語?)として、専門分野の教育、研究機関であると考えています。であれば、必要な学力が備わっているかどうかはもちろんですが、その分野の適正、素養等を試験するべきではないかと思います。資質を欠くものが、その道へ進むことほど不幸なことはないのですが、どうでしょう。でも、実際の進路指導なんてそんなもんです。成績が優秀だ方と言う理由だけで、医学部へ進んで、医者になったとかって話はありそうです。

また、大学にしても学校の数だけ個性があるはずです。その個性は、この研究分野でこういう業績を上げている、こんな優秀な講師陣をそろえている、OBにはこんな人がいて、こんな分野で活躍していると言った所だと思います。そうであるならば、入学試験についても、こんな学生に入学して欲しい、一緒に研究したいう意思が現れても良いのではないでしょうか。公平よりも選抜者の意思を優先するのもありではないでしょうか?いつぞや、小論文の試験の話で食いついたことがありましたが、学校のこの点がが一番見えるところだと考えたからです。

最後に学生も、この学校で勉強したい、この先生の講義を受講したいと言う意思で志望校をしぼるべきではないでしょうか?(自爆)カフェテリアのような学食があるからとか、、、、言えない、言えない。少なくとも大学は、あなたの、モラトリアムの機関じゃないですよと言いたいです。(なんか、声が小さくなっていく)


入試とは、学生にとって、以下にこの学校に入りたいかをアピールする場。大学は、それに値する学校になるように努力すること。高校には、学生の望む進路を指導すること。であることを切に望みます。


部外者が、とうとうと暴論吐きまくって、関係者の逆鱗に触れたのではないかと少し心配しています。ごめんなさい。感情的な行き違いではなく、ディベートだからいいかなぁっと。

結局、高校への恨み節みたいになってしまいましたか。そうですか。

しかし、何日もかけて書いたのがこれじゃぁ、ちょっと、、、ねぇ。
スポンサーサイト
2006.01.29 Sun l 考え中 l COM(6) TB(1) l top ▲
先日、火をつけた人がいます。

さらに、コメントで油を注ぐ人まで現れました。

明智探偵と少年探偵団については、学校の図書館にはなかったと思います。幸い、お向かいさんの同級生が持っていたので、借り手読んだはずです。田舎の小学校ゆえ、ヤバイと思ったのではないでしょうか? 中学校には、“人間豹”“三角館の恐怖”の少年版江戸川乱歩選集がありましたので。

確かに、少年探偵団シリーズはなかなか、古書店にも出てきません。

おかげで、角川文庫と、春陽文庫をクローゼットからほじくりだす羽目になりそうです。(ホームズ譚と、黒後家蜘蛛の会、広瀬正の“T型フォード殺人事件”で手一杯なのに。)確か、“鏡地獄”もオリジナルは資産家の青年だったと思います。

今でこそ、金田一耕介の方がメジャーですが、やはり名探偵と言えば、明智小五郎です。(下の子にとっては、三毛猫万年小学一年生のようですが)イメージ的には、金田一の服装、格好は簡単にイメージできるのですが、明智のそれって、世間ではどう考えられているのでしょうか? 個人的には、デビューの頃(D坂の殺人事件)は二人は区別できない格好だったはず。結婚した頃には、ダンディといったイメージで固まっております。

その昔、夏木陽介が主演のドラマがNHK(毎週月曜午後8時)で放送されていました。大人向けのドラマと言うふれこみで、小林少年も20代の青年だったと覚えています。そのイメージでしょうか?

そういえば、天知茂のテレ朝のシリーズでは、黄金仮面まで放送されていました。演じたのは、伊吹吾郎。その正体は、渥美格之進でも、無用ノ介でもありません。そうです。奴です。(ドラマでは言及されませんでしたが)
2006.01.25 Wed l 昭和 l COM(4) TB(0) l top ▲
学校の図書館。なんと心地よい場所。

そこを思い出させて、私の心に火をつけたのは、MEGANISTEの大幹部、総料理長にして、自転車部部長の《》Manma大人。パチパチパチ。

あの静けさと、におい、一種独特の空気と時間が流れていました。

あの頃借りまくっていたのは、もちろん、推理小説とSF。山中峯太郎訳のホームズ譚、江戸川乱歩の明智小五郎もの、エラリイ・クイーンの国名シリーズ、星新一のショートショート、もう数え切れないくらい。(当時、ミステリーやSFは、子供の読むものとして、ひとつふたつ下に見られていましたから、親はあまりいい顔をしませんでしたがね)

ヒューゴ・ガーンズバック(ヒューゴ賞の由来になった人)の“27世紀の発明王”なんてなかなか借りられませんでした。イラストがよかったんですよ。書いていたのは真鍋博氏。こんなことを覚えたのも、図書館でした。

あの空間は、空想の世界へのどこでもドアでしたねぇ。

いつぞや子供が通う学校(わが母校でもある)の図書館を覗いたら、意外に狭いし、匂いも違う。ちょっと、がっかり。

2006.01.23 Mon l 昭和 l COM(2) TB(1) l top ▲
ご質問にお答えします。

「いつから、フランス野郎になったんですか?」
って訊かれるんです。

日産ばかり乗っていたのに(アルテッツアを経て)206、MEGANEとフランス車が続いているからでしょう。

いやいや、別に急に目覚めたわけじゃぁないのよ。子供のころから続いている話なんです。

昔のヒット・チャートはいまよりも日本の独自性があって、いろんな国の曲が流行っていたんですよ。そのとき、フレンチポップスがちょっとブームだったの知っていますか? 60年代のシルビー・バルタン(バルタン星人の語源だ)のあと、70年代前半、MICHEL PLNAREFF(愛の休日、愛の願い、つけぼくろとか知ってます?)とかにはまってて、フランス語の曲自体も特に違和感はありませんでした。

そんなことから、第2外国語はフランス語。この間、テキストが出てきて、そこそこ勉強した跡と、今ではすっかり忘れていることに愕然としました。しかもその頃、“軽井沢シンドローム”にはまっていて、田口修一の乗っていたのが、5・ターボでした。「国産の腐れターボに乗る気がしねぇ。」って台詞は心に残っています。

MICHEL PLNAREFFはその後、契約の関係から、日本では発売されず、フランス版の“Les Grandes Chansons de MICHEL POLNAREFF”をようやく手に入れたのみです。最近は発売されています。WCのフランスの時の応援歌は、彼の“シェリーに口づけ”の替え歌です。

そんなこんなでいつかは、フランス野郎の素質はもともとあったんですよ。F1でも、90年代は、無敵の(猿でも勝てる)ルノー・エンジンの時代もありましたし、フランス車が特別のことでもないようでしたので、買っちゃいました。

随分、話を端折りましたが、回答になりましたでしょうか?

ちなみに、この問いを投げかけた人は、イタリア野郎です。
2006.01.22 Sun l Renault l COM(0) TB(0) l top ▲
土台、無理なんだ。

やっぱり、額に汗して働かなきゃ。

PCを前にクリックするだけで、何千万、何億、儲けた、損したってのは、なんかおかしい。

役務を提供したり、物を作ったり、売ったりして、金を儲けるべきなんだ。

って、古いのでせうか?
2006.01.22 Sun l 日々是好日 l COM(3) TB(0) l top ▲
昨日の「謎を解け!まさかのミステリー」で、ゴジラの着ぐるみの使いまわしの件がでていましたが、あれは、放送時から話題になっていました。ウルトラマン対ゴジラ。まさに、夢の共演でした。

しかし、実はそれ以前に、同じような例が、、、

ウルトラQのゴメスもゴジラの着ぐるみの使いまわしです。他にも、セミ人間がバルタン星人(フォッ、フォッ、フォッ、フォーーッ)に。ガラモンが、ピグモンに。ペギラがチャンドラーに。妖星ゴラスの飛行機が科学特捜隊のヴィートル1号機に。まだまだありそうです。

ちなみに、ガラダマ・モンスターがガラモン。ピグミー・モンスターがピグモンとなっています。

だからなんだって。ウルトラマンの話がしたかったのです。
2006.01.21 Sat l 昭和 l COM(0) TB(0) l top ▲
Blackmoreである。

Rainbowである。

これ以上、何を言えばいいのやら。

長く生きてきた分、ブートを含めて色々見てきました。でも、見れば出てくるのは「おおっ。」「すごい。」「かっこいい。」「素晴らしい。」等など、賞賛の言葉のみ。

告白します。Blackmoreに関する限り、正常な批評能力はありません。

ぶひおさん、どうもありがとう。


ところで、Blackmoreはブラックモアを使っているのでしょうか?
私は、そのときが来たら、使います。
何せ、ブラックモアですから。
2006.01.21 Sat l ROCK l COM(1) TB(0) l top ▲
皆さん、山崎ぶたぶたさんをご紹介いたします。

年のころは、40代半ばの男性。いわゆる普通のおじさんです。職業は話によって、あるときは、ベビーシッター派遣会社の部長、フレンチレストランのシェフ、敏腕刑事、タクシー運転手、(評判のいい)定食屋等等。

しかしてその実態は(多羅尾伴内か)、
バレーボール大の、ピンクのブタのぬいぐるみ。
そのうえ、いつも黄色いリュックを背負っています。

そんな山崎ぶたぶたさんを主人公にした、連作短編集です。

01190002.jpg



しかも不思議なのは、各話の語り手(あるときは、新米刑事、単身赴任の夫の浮気を疑う主婦、共稼ぎのキャリアウーマン等等)以外には、当たり前の風景に映っていること。驚いているのは語り手のみ。

もっと不思議なのは、ぶたぶたさんが、牛乳は飲むは、ジョッキでビールは飲むは、料理はするは、車は運転するは、挙句に、とんかつは食うは。想像するだけで楽しいお話が満載です。

あまりのおかしさに、腹の皮がよじれても責任は取れません。

もし、
人を妬ましく思ったり、
人を恨んだり、
人を疑ったり、
世の中をはかなんだり、
フォースの暗黒面に落ちそうなときは、是非お読みください。
世界中がみんなぶたぶたさんみたいに考えたなら、
決して、戦争どころか、犯罪も起きない本当の意味で平和な世の中になると思うのですが。

実は、一番不思議なのは、これを一話でも読めば、とても優しい気持ちになれることです。

まだ廃刊になっていないので、

『ぶたぶた』

『刑事ぶたぶた』

『ぶたぶたの休日』

『クリスマスのぶたぶた』

『ぶたぶた日記(ダイアリー)』

『ぶたぶたの食卓』
 最新刊

まで買うことができます。

ちなみに、作者の矢崎存美さんが、この話を思いついた大元のぬいぐるみをラリホーどもと買いました。

我が家には山崎ぶたぶたさんが3人います。

02180005.jpg


2006.01.19 Thu l 土曜日の本 l COM(0) TB(0) l top ▲
楽器の話で盛り上がっています。

で、一本ご紹介いたします。

Fender Japan(通称:ジャパフェン)製、ストラトキャスターRitchie Blackmoreモデルです。
パチパチパチパチ

01150015.jpg


まさに、大Ritchieのギターの完コピなのです。ボディはアルダー。ネックはメイプル、オーバル・シェイプ。フィンガーボードはローズ。ブレッド・トラスロッドの3点止め。典型的な、70年代初期仕様です。
しかし、随所に、御前のこだわりが。

まずは、アッセンブリーです。

01150018.jpg


フロント・リアともに、Seymour DuncanのSSL-4。当然、センターピックアップはダミー。スイッチもフロント・フロント・リアになっています。御前は、スイッチを頻繁に切り替えるため、スプリングをはずしています。で、はずそうと思いましたが、これはスプリングがはずれるタイプではありません。残念。コントロールは1ボリューム、2トーンです。ブリッジもフローティングしていません。本物は1音アップできるよう設定されていますが、結構難しいのです。ですから、御前もこれのできるギターテク、クーキーだけは大事にしています。

次は、ヘッドです。

01150027.jpg


数多ある写真にて、ベースのストリングガイド、ストラップピンを取り付けました。これらの意味はありません。御前自ら仰せのとおり、人が考え込むのを楽しむためだけのようです。ただヘッドの重量が増すため、倍音構成やサスティーンに影響があるとおもいます。ナットはカーボン製です。当然。

フィンガーボードです。

01150023.jpg


御前のギター最大の特徴、スキャロップド・フィンガーボードです。ホタテ貝(スキャロップ)のようにえぐれているのが分かるでしょうか?ビブラートはかけやすいでしょうが、簡単にピッチが狂うといわれていますが、それほどシビアではないような気も。

裏側のスプリングです。

01150016.jpg


ちゃんと4本張ってます。アンカーも斜めにしています。これがあのアームの狂わない秘密と見ている人がいますが、果たしてそうでしょうか?あまり関係ないように思えますが。

ネックのジョイント部です。

01150017.jpg


御前は接着剤で固めてしまっているようですが、私にはそんな度胸はありません。

最後にアクセサリー類です。

01150013.jpg

01150014.jpg



御前のアームといえばステンレス製極太アームが有名ですが、それを使用した期間はPurpleの後期の短い期間だけです。しかし、若い頃何本も買ってしまい、一生困ることはないと思います。
ピックも当然、5角形ホームベース型です。鼈甲製は、入手困難となっていますが、これも若い頃買い集めたので、心配ありませんが、普段はヤマハ製です。

最後に、ストラップもリユニオン社製の同じものをちゃんと使っています。この改造も資料より本物に近いようにしました。東京にある、リッチー・ブラックモア専門店、有限会社レインボーで求めました。

店長に「お客さん、フリークですね。」と言われたのが、自慢です。


ファンですか。とんでもない。

Blackmore仕様はまだまだ奥が深いのです。まだ、スタートラインに立ったにすぎません。
2006.01.15 Sun l 宝物 l COM(2) TB(0) l top ▲
久々に青空を見ました。雪崩とか心配は心配ですが、雪が解けてくれるのはうれしいです。

先週と同じ場所です。

01150001.jpg


01150002.jpg


ね、えらい違いでしょ。
2006.01.15 Sun l 日々是好日 l COM(2) TB(0) l top ▲
“THE 有頂天ホテル”見に行きたかったんです。

娘と行きたかったんです。オールナイトで、行くといっていたんです。あわてて、銀行にお金下ろしに行ったんです。楽しみにしてたんです。



午後8時頃寝貯めするって言ったまま、まだ寝ています。
この、あんぽんかす!!!
2006.01.14 Sat l 日々是好日 l COM(4) TB(0) l top ▲
左利きの人がいます。

現在では、圧倒的なマイノリティの左利きですが、もし、それが逆だったら。そんな、この世界と左右逆のパラレル・ワールド(つまり、鏡の世界)に迷い込んだ男の話がこれ、「鏡の国のアリス」

01140001.jpg


こちらから見れば、文字は鏡文字、楽器は左利き用、男風呂は女風呂(?)鏡世界の解説は圧巻。

書いたのは、夭折した天才、広瀬正。

筒井、小松左京、星新一はもとより、司馬遼太郎までも解説を引き受ける、彼はいったい何者だったのでしょう。“時間”を題材にした小説はストーリーはもちろん、そのディテールが秀逸。10年ほど前に集英社文庫から作品集全6巻が再発されています。絶対、オススメ。

筒井が解説を書くにあたって、如何に苦労したかは相当根に持っているようで。
2006.01.14 Sat l 土曜日の本 l COM(2) TB(2) l top ▲
呼鳥門レストハウスのトイレです。男女とも和洋を問わず個室はすべて3畳以上のひろさのこんなつくりです。

canvas.jpg


できません。

でも、20年近く前必要に迫られて

写真はぶひおさんにご提供いただきました。ありがとうございました。
2006.01.14 Sat l 街へ出でよ l COM(5) TB(0) l top ▲
日曜日です。

玄関を開けると、

01080001.jpg


わ、出た。
メガーヌです。

アイスバーンです。ここなら、この方あの方のRSに勝てるかも。
01080002.jpg

01080003.jpg


雪捨て場には、大量の雪が。これを何かに使えないでしょうか?
01080004.jpg

01080005.jpg


その昔、融雪装置がなかった頃、FRで橋を上るときは、前の一台が登りきったら、一気に上がりました。アイスバーンでの、坂道発進は難しいですよぅ。

01080006.jpg

2006.01.10 Tue l 街へ出でよ l COM(4) TB(0) l top ▲
おなじみ、サウンド・ストリートのアーカイブ(そんないいモンじゃぁない)から、1981年9月24日、25日放送のものです。

HEAVY METALと言っても、時代としては、NWBHM(New Wave of British Heavy Metal)の勃興期で、テクノ等のニュー・ウエイヴ(死語)に対して、HR/HMがオールド・ウエイヴ(これも死語)といった位置づけでした。当然、80年代後半、空前のHEAVY METALブームを担ったバンドはほとんどデビューしていません。イングウェイも、ボン・ジョヴィも2年ほど先です。ましてや、L.A.メタルなんてェのは、まったく見当たりません。”様式美”、”ネオ・クラシカル"なんて言葉もまだなかったかと。

では、その結果とは、

20位 ジュダス・プリースト “殺戮の聖典”
   これはいかにもって感じです。

20位 ユーライア・ヒープ “対自核”
   もう当時すでに、落ち目でした。ジョン・ウェットンまで加入したのに。

19位 ブルー・オイスター・カルト “ドクター・ミュージック”
   HEAVY METALの語源は意外なことにこのバンド

18位 キッス ”デトロイト・ロック・シティ”
   でも、この頃のリズムは、ロックン・ロールっぽかったような

17位 ビートルズ “ヘルター・スケルター”
   番組でもいっていたように、バンドというより、この曲でしょうね。いろんなジャンルの曲の原型がこのバンドにあります。

15位 フー “マイ・ジェネレーション”
   グランドファザー・オブ・パンク・ロックといわれていたのに。

15位 パブリック・イメージ・リミテッド “フラワー・オブ・ロマンス”
   まぁ、確かに、カタルシスを求めるなら、何でも良いんでしょうけど。パンクがHRのアンチテーゼとしてでてきたことを考えると、ねぇ。

14位 T・REX “ゲット・イット・オン”
   P.I.L.以上に、苦しいですな。

13位 エアロ・スミス “ブギウギ夜行列車”
   当時は、ほとんど解散状態。ジョー・ペリーもブラッド・ウイットフィールドも脱退中。復活まではまだ数年、ランDMCの“ウォーク・ディス・ウェイ”の再ヒットまでは、10年弱の月日が。しかし、スンごい邦題です。

12位 AC/DC “危険なハニー”
   当時のHEAVY METALという言葉に、一番フィットしたバンドですね。

11位 ヴァン・ヘイレン “輝ける空”
   いよいよ、超A級バンドへの脱皮寸前の頃です。



10位 スコーピオンズ “スピーディ・カミング”
   これぞ、B級HRバンドのスーパー・スター

9位 ブラック・サバス “スイート・リーフ”
   意外にこのバンド、聴いたことないんですよ。もちろん、“パラノイア”等の有名どころは知っていますが。

8位 ホワイト・スネイク “ホット・スタッフ”
   ここも、“サーペンス・アルバス”が大ブレイクするまで6年以上かかります。

7位 キング・クリムゾン “レッド”
   何、何なの。所詮、日本人のKCへの位置づけってこんなものだったのね。ピンク・フロイド、ロキシー・ミュージックでも、本質的には同じなんですけど。

6位 モントローズ “ロック・ザ・ネイション”
   組織票とか。実は、68票で6位ですもん。でも、アメリカン・ロックのバンドにしては、好きなバンドですね。

5位 アイアン・メイデン “ブロイラー”
   今回、意外にもNWBHM唯一のバンド。NWBHM自体で、心に残ったバンドないんですよ。

4位 ディープ・パープル “スピード・キング”
   偉大なり、Ritchie Blackmore!!!!!

3位 レインボウ “キル・ザ・キング”
   Ritchie Blackmore なんと偉大なるお方なるめり。

2位 マイケル・シェンカー・グループ “アームド・アンド・レディ”
   この頃の、人気はすごかった。あのツートーンのフライングVは輝いていました。

1位 レッド・ツェッペリン “永遠の詩”
   さすが、渋谷陽一氏の番組。


これは全体にいえますが、DJの個性がリクエストにも反映されています。

これが83歳の老人力です。

   
2006.01.08 Sun l ROCK l COM(2) TB(0) l top ▲
雪で道路は混むし、帰りは遅くなるし。書きたいことはあるけれど。

冬眠します。おやすみなさい。
2006.01.05 Thu l 日々是好日 l COM(1) TB(0) l top ▲
アサヒ・ビールのCMのBGMが1月1日より変わりました。ホワイト・スネイクの”ヒア・アイ・ゴー・アゲイン"。ん、でもギターを聴くとオフィシャルででている3バージョンとも違う。

えっ、リッチー・コーツェン?Richie Kotzenなの?

http://www.asahibeer.co.jp/fun/cm/

でも、あの声はカバ(デヴィッド・カヴァーディル)だと思うんですが。まぁ、楽曲が良いとどんなアレンジしてもOKという見本みたいな曲なので、一度、全曲聴いてみたいですなぁ。


でも、カバはステージでサッポロのを飲んでたけど。
2006.01.03 Tue l ROCK l COM(0) TB(0) l top ▲
20051231224645.jpg


今年は一人でも多くの子供が笑顔で暮らせますように。
2006.01.01 Sun l ごあいさつ l COM(5) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。