上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
本来なら、一人一人に言うべきですが、皆様に一言。

こんなに楽しい一年はありませんでした。

どうもありがとうございました。

では、また来年もお願いいたします。
スポンサーサイト
2005.12.31 Sat l ごあいさつ l COM(7) TB(0) l top ▲
まぁ、皆様こんにちは。今日のペネロープの部屋、ゲストは、メガーヌRS乗りのまつきんさんです。ようこそいらっしゃいました。なんですって、最近、雷鳥菌にまで感染したとかで大変でございますわね。お持ちのメガーヌに原子力エンジンを積んで、6輪になさろうとして失敗したとか。一言おっしゃっていただければ、うちのブレインズを派遣いたしましたのに。でも、まぁ、このお仕事していますと色々危険なこともございますし、かえってよかったようでございます。私も、大変なめにあってございますから。運転手のパーカーや国際救助隊のスコットがいなかったら今頃はどうなっておりましたことやら。一番怖かったのは、モノレールにひき殺されそうになったことですわね。パーカーは見た目あのとおりですが、とっても頼りになるんですのよ。ただこの間は、ピクニックに行ったとき、お食事しようと思いましてカンズメをあけようと思いましたら、爆発いたしまして、もう大変でございました。


アラ、一人でしゃべって申し訳ありません。では、ここで一旦、コマーシャル。
2005.12.27 Tue l 昭和 l COM(0) TB(0) l top ▲
国際救助隊の写真を撮り損ねた人がいます。

で、再現写真を撮っていただきました。

職場にこんなものが置けるなんて。けなるいやらうらやましいやら。

そこで、我が家にも何かないか探してみると、、、、、あった、あった。

うりゃ

12250006.jpg


12250005.jpg


12250007.jpg


90年代の復刻版ですが、2号、4号の絵は、イマイのプラモのカバーですね。

この休日(昨日はお仕事)LDやらビデオやらで、Thunderbirds三昧です。筒井菌に始まって、蛇男菌、雷鳥菌とこの方の影響力は計り知れないものがあります。

見ていて再確認できたのは、かのシリーズ中、メカ、ストーリーと並んでキモの部分、ユーモアを担っていたのはこの2人ということ。ロンドンエージェントのレディ・ペネロープとその運転手パーカーの2人組。貴族で(今で言う)超セレブのお嬢様と、元天下の大泥棒のことです。この2人の掛け合いだけで、DVDでないかしらん。

あれ、よく似たカップル、見たことあるような。
2005.12.25 Sun l 宝物 l COM(2) TB(0) l top ▲
続きです。

さて、血まみれのサンタさん、血まみれのサンタさんと信じ込んだ子供をどうフォローしたものか。

ヒントは秋月りす女史の『OL進化論』

真夜中を待って、長靴を履いて裏の田んぼへ。泥がたっぷりつくよう歩き回って、家に入ります。2階の下屋の屋根の上に出てもう一度、泥だらけの長靴を履きます。そのままなかにはいって、足跡をつけながら子供の枕元へ。プレゼントを置いた後、再度屋根まで戻って、長靴を脱ぎます。

翌朝。「ほら、
サンタさんの足跡。2階の窓から入ったんだよ。」

まさか、毎年やるはめになるとは。

来年パパになる方、一度お試しを。

2005.12.23 Fri l 日々是好日 l COM(8) TB(0) l top ▲
その昔

娘「(家には煙突がないけれど)サンタさんは、どっから入ってくるの?」

答えて曰く「家には換気扇からはいってくるんだよ。でも、換気扇を回していると、サンタさんは血まみれになって出てくるんだよ。」

「びええええええええええええええええええええええええ。」

「子供にそんな話してどうすんのーーー。このばかーーーーーーーーーー。」

2005.12.23 Fri l 日々是好日 l COM(3) TB(0) l top ▲
オープニング、変わったのですね。

こんな世界に入ってみたい。パラレルワールドが階層的に現れないかな。

http://www.renault.jp/

日本人の感覚では居づらいと思うんだけど、どうよ、アロンソ
2005.12.22 Thu l Renault l COM(4) TB(1) l top ▲
今日もなかなかの吹雪でした。田んぼの真ん中吹きっさらしを走っているとハンドルを取られそうで怖かったです。

おお、Q州も雪ですか。
京都もすごいって言うことですし。
えっ、名古屋もですか。
いったいどうなっているのやら。

で、今日は早仕舞いして帰ろうと思ったら、わが愛しのメガーヌが、凍ってる。

VFSH0118.jpg


ドアが開かん。12の3で力を込めると、ばりばりばりばりばりばりばりばりばりばりばりばりばりばりばりばりと音がして、開いた。わ、お湯をとりにいかなくてよかった。氷や雪がシートの上に。雪落としを取って、フロントガラスの雪を取り除こうとするけど、ダメ。屋根の雪もダメ。バリバリに凍り付いています。うーーーん、国際救助隊を呼ばないといけないか。

おお、そうだ、グローブボックスに水を入れたペットボトルがある。これをフロントガラスにどぼどぼどぼどぼと。ヒータの力もあいまって視界は確保できました。サイドブレーキは引いていなかったので、問題なし。ヒーター付電動格納式広角ドアミラーのありがたみを実感。ミラーにこびりついて凍った氷が解けてゆく。前後の視界、ミラーが確保できれば、ボディで固まっている雪は熱で解けるはず。マルション、マルション、マルション。

アイスバーンになりかかりの道を40キロほどでのろのろと。今日は会社で貰った、クリスマスケーキが乗っているので、、、、。これをぐしゃぐしゃにしたら、家に入れてくれまい。

4キロ弱を15分かけて、たどり着きました。

ところが氷が解けてない。何とか落とさないと塗装が痛みそう。でも、無理やりやると、塗装が痛みそう。で、手でどうにか落とそうとすると、ゆで卵のからがはがれるようにどうにかこうにか。クルマが温まっていたからでしょう。

めでたし、めでたし。

でも、12月でこれじゃぁ、先が思いやられます。

追記:奈良も、奈良もなの
2005.12.22 Thu l Renault l COM(3) TB(0) l top ▲
まつきんさん。参りました。負けを認めます。

職場で危うく吹き出しそうでした。

あの写真を撮っているお姿を想像するだけで、、、、笑いが止まりません。
2005.12.20 Tue l 日々是好日 l COM(2) TB(0) l top ▲
国際救助隊(International Rescue)を呼んだ人がいます。

現場到着に一時間以上かかったのは、サンダーバード痛恨のミスではないかと。1号は地球上のあらゆる所に、59分以内に到着し、偵察、現場指揮を行わなければいけません。(ここに長男スコット・トレーシーが任にあたるのは、斎藤茂太先生の「長男の本」にもあるとおりの大正解の配役であります。)

そしてこれを追いかけるのは、救助に必要な装備を運搬する大型輸送機、2号を駆る、3男バージル・トレーシー。そうです。誤解されている向きもあるかもしれませんが、バージルは3男です。では誰が2男か。5号のジョン・トレーシーです。雪山へは、何号コンテナで出かけたのでしょうか?

4番装備ではありません。4番コンテナは、サンダーバード4号専用ですから。これには5人兄弟で異色の4男、ゴードン・トレーシーが乗り込んでいます。他の兄弟が、パイロットなのに唯一、アクアノートを目指し、しかも、オリンピック水泳のゴールド・メダリストなのです。

で、2男のジョン・トレーシーは末っ子アランと交代で、5号にてモニターを務めています。彼が現場へ行くエピソードはひとつもなかったような記憶があります。この方のS.O.Sを受けたのもジョンでしょう。しかし、なぜ、International Rescueのロゴは、窓に内側へ向いて書いてあるのでしょう。シリーズ中最大の謎のひとつであります。

最後に、5男のアランですが、彼は宇宙空間で活躍するロケット、3号のパイロットです。また、レーサーとしても活躍しています。それにしても、レーシング・カーを2号で運ぶとは、なんと無茶な。

そのほかにもいらっしゃいますが、それはまたの機会に譲りたいと思います。

もちろん、国際救助隊はそのメカを公開することは許されていませんので、実物を見た方にその感想をお聞きしたいものです。
2005.12.20 Tue l 日々是好日 l COM(4) TB(0) l top ▲
雪になれていないところに降ると、転倒事故の記事がよく出ます。昔、東京にいたとき、転ぶ人たちを見て不思議でなりませんでした。また、新婚旅行先でも、雪の上をすいすい歩けるのは私たち夫婦だけでした。Q州のubar大人のリクエストもあり、雪の上の歩き方を伝授いたしましょう。


そのコツは、右足と左足を互い違いに前へ出すことです。
右右左では前へ進みません。左左左左右でも同様です。必ず、右左右左と足を出しましょう。このとき右足を前へ出すときは左手を、左足を前へ出すときは右手を同時に前へ出すと歩きやすくなります。右手と右足、左手と左足とやると、とっても歩きにくくなります。まずここまでを、家の中で練習いたしましょう。

さぁ、ここまでできるようになりましたか?

では、いよいよ雪道に出ますがその前に。あなたは今何をはいていますか?サンダル?雪駄?下駄?草履?いけません。シモヤケに苦しむことになります。
靴?スニーカー?ブーツ?いけません。そこがつんつるてんのものは滑ります。
また足首より低いものは、がぼった時、中が雪だらけになります。

そうです、長靴を用意しましょう。それも膝下あたりまであるものがベストです。もちろん、靴底はちゃんと凸凹がありますか?

さぁ、長靴を履いて、いざ、外へ出かけましょう。

あなたは既に、足を右左右左と動かすことをマスターしているはずです。しかも、それに併せて、手をシンクロすることも可能なはずです。

歩くときはすり足はいけません。必ず足は浮かしましょう。さて足をおろすときですが、踵から下ろします。踵で雪に穴を開けるつもりで下ろします。そうしたら体重を前へ移動しますが、前足のつま先まで体重をかけてはいけません。そのちょっと前で止めるのがこのエクササイズのみそです。そこから反対側の足を前へ出します。そのときの体重の移動も同様です。あまり、後ろ足で蹴ってはいけません。自動車でも雪道で発進するときはローで224馬力で吹かしても、空回りするだけです。セコンドで半クラッチでそろそろと出て行くのが正解なのと同様です。

さぁ。、それを繰り返しましょう。そうするとあなたはもう、雪の上を歩けるようになっています。
2005.12.19 Mon l 日々是好日 l COM(2) TB(0) l top ▲
除雪車は入ったけれど、そこかしこに圧雪が。

12180004.jpg


さすがにこれだけ凸凹していると、車で走るより歩いたほうがいいかな。でも、取引先の転勤族(雪には慣れていない)は雪の上を歩けないってブーブーいってますが。

コツがいるんです。
2005.12.19 Mon l 街へ出でよ l COM(4) TB(0) l top ▲
昨日の吹雪は結構すごかったですねぇ。

まさに、ミスター・クローリーにおけるランディ・ローズのソロみたいに降っていました。(例えがタイトだってば。)

晴れ間に雪掻きだぁ。

12180001.jpg


でも、圧雪が硬い。重い。取り除くのは重労働です。


12180003.jpg


嫁とふうふういってると。こいつは。

12180013.jpg


ええぃ、とっとと手伝いやがれぇ。

ここは、板垣橋の雪捨て場です。



12180007.jpg

12180011.jpg

12180009.jpg


捨てられた雪の量、分かりますでしょうか?

お昼も食べず、家の前の雪かきは4時間弱で終了。屋根雪は大丈夫みたい。隣近所も降ろさないとのこと。(ちなみに、山間部に住む会社の後輩の家のガレージはつぶれました。)

同時に、これも。

12180017.jpg


この、親不孝者ーーーー!!!

2005.12.18 Sun l 街へ出でよ l COM(6) TB(0) l top ▲
雪の重みで、建付けが悪くなってきました。台所のドアがうまくしましません。日曜日は、屋根の雪下ろしかなぁ。

久しくしてないなぁ。
2005.12.17 Sat l 日々是好日 l COM(4) TB(0) l top ▲
恒例の雪道渋滞。上司が昨日、午後3時前に敦賀から高速に乗って、福井に着いたのが午前3時。トンネル内のファンが故障のため、中でとまらないよう数台ずつ駆け抜けたらしいです。女性は大変だったとか。杉津のPAまで歩いて水を買いにいったら何も売っていなかったとか。今日一日、これで盛り上がっていました。ああ、自分じゃなくてよかった。

会社の帰りには、昼積もった雪が溶けた後、夜の寒さで凍っていました。そのため、用意しておいたペットボトルの水をかけて視界確保。

毎朝の雪かきといい、もういやぢゃぁ。
2005.12.16 Fri l 日々是好日 l COM(0) TB(0) l top ▲
娘よりメール。

帰ったら玄関にゆきだりま作ったで見て~!!!!!



12150001.jpg

2005.12.16 Fri l 日々是好日 l COM(7) TB(0) l top ▲
↓これはなんでしょう?
白いモリゾーではありません。

VFSH0110.jpg


実は自動車です。駐車場を雪を集めると、後ろの壁のようになっています。

VFSH0111.jpg


なんと、アルファ155まで。

VFSH0112.jpg


県外ナンバーで、ノーマルタイヤ。春まで帰れないのかなぁ。

2005.12.15 Thu l 街へ出でよ l COM(4) TB(0) l top ▲
恒例の雪道渋滞。福井~鯖江までの13キロ。午後5時過ぎに出て着いたのが午後8時前。実質、主計中から染色団地まで約5キロを2時間。腰が、、、、痛い。
2005.12.15 Thu l 日々是好日 l COM(5) TB(0) l top ▲
欲しい

http://www.infofukui.com/autocruise/new_model.html
2005.12.13 Tue l Renault l COM(6) TB(1) l top ▲
家の前はまだ除雪車が入っていませんでした。

バックで入れようとしたら、圧雪にハンドルを取られてズルッ。左ミラーにかすり傷がぁ。なんてこってい。
2005.12.13 Tue l Renault l COM(0) TB(0) l top ▲
今週の週間天気予報は、雪だるまだらけです。

http://www.jma.go.jp/jp/week/326.html

さぁ、渋滞に備えて明日は、朝早く出よう。

雪が降ると、メガーヌのESP、ABSのありがたみよく分かります。

VFSH0100.jpg

2005.12.13 Tue l 日々是好日 l COM(4) TB(0) l top ▲
そりゃぁ、噂には聞いていましたが、すごいですねぇ、名古屋のモーニングセット。

ぶひおさんからの提供です。

コーヒー代+250円て。思わず原価計算してしまいます。

TS320044.jpg


こっちは、
>コーヒー、ホットドッグ、ツナパスタ、サラダ、たまご、バナナ、しめて¥660です。


TS320046.jpg


名古屋にいたら、飢え死にすることないかも。
2005.12.12 Mon l もぐもぐ l COM(2) TB(0) l top ▲
「朝から、胸焼けがする。」だとか、
「変わり者。」とか、
「どこでそんな画像取ってくるんだ。」とか。

いいじゃないですか。公序良俗に反するものじゃなし、会社のPCの壁紙くらい何にしても。

VFSH0092.jpg

2005.12.11 Sun l 日々是好日 l COM(3) TB(0) l top ▲
眠い。昨日(今日)店を出たのが午前2時。

何をしてたかって、また、高校の同級生と。


また、カニです。特に、関心もありませんが。今日はせいこがにです。メインは、みそです。

VFSH0094.jpg



お刺身は、この時期当然、ぶりです。脂がのっているので、お醤油もはじき飛ばしてしまいます。


VFSH0095.jpg


1回あたり、平均で約40人くらい。完全に月一ペースですなぁ。

楽しいからいいか。(嫁は完全にあきれています。)

2005.12.11 Sun l 日々是好日 l COM(4) TB(0) l top ▲
まつきんさんのところで、○MEGANE、もとい丸眼鏡の話が出てました。

ここに大きな誤りが。
>彫りの深いイケメンの顔立ちでないと,丸眼鏡は似合わないですよね.
んなぁわけはありません。鈴木ヒロミツさんだって結構似合ってるじゃぁないですか。(申し訳ありません)

MEGANE、もとい眼鏡は意外にも結構流行り廃りがあるので、できるだけ普遍的なデザインを選んでいます。昔は、セルのボストンやウエリントン一色だったり、レインドロップ、フォックスが流行ったりしていたでしょ。

で、記事にある、権利を譲る前の会社のジョンレノンモデルの眼鏡、予備用にまだ持っています。

12100001.jpg


つるには、サインが。

12100003.jpg


反対側は、トレードマークの自画像です。

12100004.jpg


実は、これを選んだ一番の理由は、サングラスのアタッチメントがついていること。

12100002.jpg


冬は車の運転に、サングラスは必需品なのです。雪が積もったあといきなり晴れてくるので、光の乱反射でとーーーってもまぶしいのです。そのたびに度付サングラスにかけかえるのは面倒なので、とっても便利だと思ったからです。ところがどっこいぎっちょんちょん。ガラス製のため、あまりの重さにずり折ってきてしまいました。いまの眼鏡のサングラス用パーツはプラスチック製のため、そんな心配はないですがね。
2005.12.10 Sat l 宝物 l COM(4) TB(0) l top ▲
横浜中華街へ行った人がいます。

”イングリッシュマン・イン・ニュー・ヨーク”、”巴里のアメリカ人”の伝でいくと、”Q州男児・イン・中華街”でしょうか。ああ、おいしそうなものを食されていますねぇ。上海ガニか。食べたことないです。

あそこは、ホント私にとっては、ワンダーランドです。4年前に行ったきりですが、隙あらば行きたいところです。できれば、一軒一軒順番においしいものを食べ歩きたい。(脇に生活習慣病除去装置抱えて)

その4年前偶然見つけたのがここ愛群。牛バラ飯のうまいこと、うまいこと。1階のテーブルは4つくらい、2階はあるけど、とても大人数が入れるお店ではありません。でも気さくなお母さんと、おいしさに、一泊二日の横浜滞在中、2回も行ってしまいました。挙げ句、杏仁豆腐までごちそうになってしまいました。

ああ、死ぬ前にもう一度行きたい。栄楽園のチャーシュウ丼も食べてみたい。月餅も食べたい。中華まんやおこわも全部征服したい。満漢全席も食べてみたい。あぁ、食べたい、食べたい。

でも、akoさんと一緒に行ったここもおいしそう。どこ?どこなの?
2005.12.09 Fri l もぐもぐ l COM(2) TB(0) l top ▲
いつも麦茶だったでしょ。

湯飲みなんて使わなかったでしょ。

お弁当と一緒に持っていかなかったでしょ。

だ・か・ら、おまいら

オラのうぐいす玄米茶、勝手に飲むんじゃぁねぇ。

あっ、唐辛子入りのチョコも、プーさんの中に入ってたクッキーもねぇじゃねぇか。

一個くらい残してくれてもいいだろーーー!!
2005.12.08 Thu l 日々是好日 l COM(0) TB(0) l top ▲
今日で、ジョン・レノンがなくなって25年がたちます。

人の死の理不尽さを思い知らされたあの寂寞感は今でも残っています。

私は、70年代前半においては、ポールのシンパで、ジョンといえば政治的なアジテーターのイメージが強く、その音楽をも敬遠していたのかもしれません。しかし、じっくりと音と向かい合うと、どんな歌よりもストレートに心に響いてきます。心の傷の生々しさをこんなにも率直に表現できる稀有の才能を持っていると思っていました。

ポップ・グループとしてのビートルズに押しつぶされていた一人の人間が開放された時の、こころの叫びだったのかもしれません。(”ヘルプ”が、ジョンの本当のSOSだったにもかかわらず、耳当たりのよいポップスに貶められたのは有名な話。)

それでも、25年たったいま、"イマジン"さえも、コマーシャルソングって言うのは、皮肉だなぁ。

個人的には、"ジェラス・ガイ"のような内省的な曲や、”真夜中を突っ走れ”のようなロックン・ロールっぽい曲がすきですね。

ところで、オーディオの進化で手軽に音楽を楽しめるようになったけど、アナログ・ディスク全盛期のように、音楽に対峙して聞くことを止めたのは、いつ頃からでしょう。ジョン・レノンは音と向かい合って聞くべきと考えるのは時代遅れでしょうか。
2005.12.08 Thu l ROCK l COM(0) TB(0) l top ▲
12月7日はアメリカでは、太平洋戦争開戦の日。(時差の関係で、日本では、12月8日)

いかなる戦争をも肯定するつもりはありません。

でも、戦争で亡くなった人のこんな声が聞こえるのは私だけ?

こんな日本のために死んでったじゃぁねぇぞ。



2005.12.07 Wed l 考え中 l COM(0) TB(0) l top ▲
同じ日本、同じ月日でこの差は何なんですか?


↓は福井。けんぞう蕎麦近く。

VFSH0091.jpg


↓はてんぷちさんに提供いただいたもの。静岡です。
051205_151551.jpg


世の中不公平だぁ。

でもこの時期、太平洋側へ行くと、乾燥した風に当たると絶対風邪ひくんです。ブーブー。
2005.12.06 Tue l 日々是好日 l COM(4) TB(0) l top ▲
なんとなく、あなたの後をついてユキたかった。

VFSH0089.jpg


今日のスタンドは、大変でした。明日は雨ですか?融けてくれるといいな。(ついでに誤解も)
2005.12.05 Mon l 日々是好日 l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。