上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
B:1週間たちましたが、浮かれ気分は解消出来ましたか?

う:まだ半分くらい、浮かれています。小倉食堂でかしわうどんを食べればよかった、焼きカレーも食べてみるべきだったとか、山口で食べたホルモン鍋をもう一度食べたいとか、博多のランチでホットドックも食べればよかったとか。

B:食べもんばっかりですね。

う:いやいや、お祝いのコメントをこうすればよかったとかいろいろですよ。

B:突然のアドリブに弱いタイプですもんね。

う:ええ、「茶」しか思い浮かばなかったんですよ。

B:舞い上がってて、浮かれ気分だったんですか。一種、躁状態ですね。

う:その一番の被害者が、奇行脂さんでしたね。さすがに申し訳ないことをしたと思います。でも、また会えばやらかすでしょうけど。

B:ところで、ショッキングなニュースを聞きました。

う:ピーター・フォークでしょ。ビックリですよ。人は皆老いていきますが、こう現実を見せ付けられると、ショックです。

B:プジョーを知ったのも、劇中の403がきっかけですもんね。

う:あれがなかったらフランス車に興味を抱くこともなかったと思います。

B:そういえば、中学生の頃、真似して晴れの日にレインコート着て歩いて、親に怒られてましたね。

う:ありました、ありました。遠い昭和の思い出ですね。
スポンサーサイト
2008.12.18 Thu l 昭和 l COM(4) TB(0) l top ▲
R35なるCDがヒット中とか。

でも我々世代には、新しすぎます。

データが手元にないので記憶だけで作ってみました。
異議は一切聞きませんので悪しからず。(順不同です)

1.移民の歌/レッド・ツェッペリン
2.ハートブレイカー/グランド・ファンク・レイルロード
3.ワルシャワの幻想/デヴィッド・ボウイ
4.ヨーロッパ特急/クラフトワーク
5.ナット・ロッカー/エマーソン・レイク&パーマー
6.土曜の夜は僕の生きがい/エルトン・ジョン
7.うつろな愛/カーリー・サイモン
8.クレージー・ホース/オズモンズ
9.イージー・アクション/T・レックス
10.宇宙の彼方へ/ボストン
11.ショー・ミー・ザ・ウエイ/ピーター・フランプトン
12.土曜日の誘惑/モット・ザ・フープル
13.甘い罠/チープ・トリック
14.バック・イン・ザ・サドル/エアロスミス
15.炎のロックンロール/クイーン
16.ロックンロール・オールナイト/キッス
17.吹けよ風、呼べよ嵐/ピンク・フロイド
18.シェリーに口づけ/ミッシェル・ポルナレフ
19.母と子の絆/ポール・サイモン
20.ジェット/ポール・マッカートニー&ウイングス
21.百眼の巨人アーガス/ウィッシュボーン・アッシュ
22.ウイル・ユー・ラブ・ミー・トゥモロウ/キャロル・キング
23.ブラック・ナイト/ディープ・パープル
24.シング/カーペンターズ
25.胸につのる想い/ロッド・スチュワート
27.マインド・ゲームス/ジョン・レノン
28.恋のウー・アイ・ドゥ/リンジー・ディ・ポール
29.落ち葉のコンチェルト/アルバート・ハモンド
30.シュガー・ベイビー・ラブ/ルーベッツ

うーーーーーーん、収拾がつきません。できるだけ万遍にと思ったのですが同一アーティストでも選曲に迷うし、ブリティッシュ系に、プログレに偏ってます。マニアックすぎますか。そうですか。

まぁ、私の個人的趣味ということで、、、、、

2007.04.22 Sun l 昭和 l COM(3) TB(0) l top ▲
青島幸男氏と岸田今日子女史。

有形無形で、影響を受けていたと思います。

合掌
2006.12.20 Wed l 昭和 l COM(0) TB(0) l top ▲
小学館漫画文庫の009第1巻に8マンの原作者平井和正氏の解説がありました。

当時人気を分けた、8マンと009。

違いは、一人なのか集団なのか。

原作付つまり作家が考えたキャラクターが一人、プロダクション方式の複数人で作る人が考えたキャラクターが集団。というのを面白がっていました。

ただ、国連のミニチュア版ともいえる9人ですが、さすがに多すぎるだろうとの指摘も。

で、結局、人数的には、原作平井和正、作画石森章太郎の“幻魔大戦”が適当ではないかというのが結論でした。

で、幻魔大戦ですが、、、、、、パス1


記憶だけで書いているので間違ってたら、ゴメンナサイ。
2006.11.23 Thu l 昭和 l COM(3) TB(0) l top ▲
子供のころ、名前の字面だけでごっちゃになっていたので今一度、整理を。

青影、河童の三平(白影の牧冬吉氏も出ていた)が、金子吉延さん

悪魔くん、ジャイアントロボの大作少年が、金子光伸さん

でいいんですよね。

で、このお二人、兄弟ってことはないですよね。


他にあの頃の子役さんというと、

二宮秀樹さん(マグマ大使のガム、「大魔神 怒る」)
吉田次昭さん(マグマ大使のガム(代役))
上原ゆかりさん(マーブルチョコレート、サザエさんのワカメ)
蔵 忠芳さん(アッちゃん)
四方晴美さん(チャコちゃん)

そして、
池田秀一さん(次郎物語、愛の家族)、、、、後に声優としてシャア・アズナブル(シャルル・アズナブールではない)としてでてきた時はビックリした、そんな20歳の秋。
2006.11.14 Tue l 昭和 l COM(0) TB(0) l top ▲
東映といえば、東宝ですが。(なんのこっちゃ)

東宝というより、今では、日本映画を代表するこの2本。

ぢつは撮影が同時期だったらしいのです。
で、エキストラを一括して仕込んだらしく、かぶっているそうです。志村喬氏もかぶってますが。
大戸島や東京で逃げ回る群集と、野武士との戦闘シーンの群集は同じ人たちということらしいです。

そうか、そういう見方があるのですね。

そういえば、「ゴジラ」には国会議員役で、菅井きん女史も出演しています。

黒澤明監督と本多猪四郎監督。晩年の関係も考えると、感慨深いものがあります。


で、当方の怪獣映画で見かける俳優さんですが、、、、、
2006.11.12 Sun l 昭和 l COM(2) TB(0) l top ▲
ウルトラマンのカラータイマーは、カラー放送を意識してのことらしい。

今ではカラー放送が当たり前ですが、当時は、いまの二ヶ国語やハイビジョン同様、カラー放送のサインが出ていました。当然いまの薄型テレビ以上に高級品で、テレビの設置場所は床の間の上でした。当然それにふさわしく、各車重厚なデザインを採用されています。UHFのコンバーター(VHFの後、UHFが採用されたため、古いテレビは衛星チューナーみたいなコンバーターが必要だったのです)を取り付ける際、気がついたのですが、筐体は木で出来ていました。

名前もすごかった。
魁(日立)
嵯峨(ナショナル)

いま顧みて一番すごかったのは
三洋

榎本健一歌うところの

♪うちのテレビにゃ色がない。隣のテレビにゃ色がある。
ありゃまきれいとよくみたら、サンヨー・カラーテレビ♪


その名も<薔薇

オチはここですか。
2006.10.28 Sat l 昭和 l COM(0) TB(0) l top ▲
古賀照一先生(詩人:宗左近氏)がお亡くなりになりました。

学生時代にフランス語を教えていただきました。

あの、ブライアン・Bのヘア・スタイルにして初めてガッコに行った時の先生です。授業の邪魔をして申し訳ありませんでした。


合掌。

2006.06.25 Sun l 昭和 l COM(8) TB(0) l top ▲
近所に住む母方の祖母は新潟の出。子供のころ、季節になると山のような手作りの笹だんごが。1シーズンに10数個は食べていたような。最後は硬くなっているので、焼いたり、蒸しなおしたりして。今でも、口から鼻に抜ける笹のにほひの記憶が強烈に残っています。

時は流れて、もう作られなくなったのか、もう送られてくることはなくなりました。市販の笹だんごにはあのおいしさがないような気がします。

そんな記憶を呼び覚ますものをいただきました。

05080003.jpg


めぐりめぐって福井までやってきたようです。

さて次はどこへ旅させようか。

そういえば「坊ちゃん」には越後の笹飴が出てきますが、あの辺は笹が何かあるのでしょうか?
2006.05.08 Mon l 昭和 l COM(2) TB(0) l top ▲
沼田 曜一氏が逝去されました。

TVの「神州天馬侠」の悪役が印象に残っています。
まさに、怪優と呼ぶにふさわしい、迫力でありました。
「変身忍者 嵐」の悪魔道人はあまり覚えていません。

でも、民話の語り部として活躍されていると聞いたときはビックリしました。

ご冥福をお祈りいたします。

合掌

2006.05.01 Mon l 昭和 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。