上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
さばえ西山公園のつつじまつり、GWが見ごろで、大勢が押しかけるため朝早く、BATサイクルを駆って言って来ました。つつじまつり自体は、5月3日~5月5日まで。

4月30日、まだ咲いていません。今年の気候はおかしいのかなぁ。
04300003.jpg
04300004.jpg
04300005.jpg


芝桜は咲いています。
04300006.jpg


で仕切りなおしで、5月6日に。
まだつぼみでした。
05060001.jpg
05060002.jpg
05060003.jpg
05060004.jpg
05060004.jpg


ようやく今日、見ごろになりました。ところが、生憎の雨で、青備えのBATモービルで。

05130001.jpg
05130002.jpg
05130003.jpg
05130004.jpg
05130005.jpg
05130006.jpg
05130007.jpg
05130008.jpg
05130009.jpg
05130010.jpg
05130011.jpg
05130012.jpg
05130013.jpg

スポンサーサイト
2006.05.13 Sat l 街へ出でよ l COM(0) TB(0) l top ▲
もともと放浪癖のあるほうである。

東京に居る時は、ふらふらと散歩をしていたら、上原、富ヶ谷、表参道、行きついた先は千駄ヶ谷。下北沢、笹塚、初台は普通に散歩コース。新宿から渋谷までぶらぶらとか、御茶ノ水から東京タワーとか、ほとんど徘徊老人である。

クルマに乗り出すと、もっとひどい。
古本屋めぐりをしていたら、富山の向こうにいたこともある。鈴鹿の帰り八日市の向こうを回って帰ったこともある。子供達と夕日を追いかけてあてどなく走ったこともある。東京の帰り、御殿場で降りて、うろうろしたこともある。(思い出し始めたら収拾がつかないぞ)さすがに渋滞は避けるけど。
ついに昨日は、出がけに琵琶湖あたりへと言って、行き着いた先はまんま亭。ちゃんと営業されておられるのを確認しているから、ほとんど確信犯である。

ちゃんとご丁寧に今回も城陽市あたりで変な道を走って、1時間近くロスしている。

さすがにまんま亭へのアプローチは遠回りせず、帰りもちゃんと左折したあたり、まだ認知症ではないと思うのだが。

大体が思いつきで行動する性質なのでこうなるのだろう。ただでさえボケているのに、これ以上ボケたらとんでもない徘徊をやらかしそうだ。

以上、ブライアン、心の声でした。
2006.05.08 Mon l 街へ出でよ l COM(3) TB(0) l top ▲
今日は朝倉氏遺跡へ

観光客は、あんまり居ません。

VFSH0176.jpg

2006.05.04 Thu l 街へ出でよ l COM(0) TB(0) l top ▲
さばえ、つつじまつりに行って来ました。当然人ごみ嫌いの、渋滞嫌いの身としては、朝7時に出発、もちろん自転車で。片道15kmほどです。

VFSH0169.jpg


でも、満開までには2~3日かかりそうでした。

その後、近くのにぎわい横丁なるイベントへ。

骨董市でこんなの売ってました。

VFSH0173.jpg


VFSH0174.jpg


VFSH0175.jpg


4号が欠品で2万円。高いのか。安いのか。

茶碗や古道具は値段が分かりません。

面子やパッシンも売っていますが、一枚千円です。一緒に見ていた若い女の子は、日光写真て何って、聞いていました。

さすがにこれは、一瞬買おうかどうしようか悩んでしまいました。
マブチの水中モーターです。

VFSH0172.jpg


2006.05.03 Wed l 街へ出でよ l COM(2) TB(0) l top ▲
我らがACさんでオイル交換をした後(わぁ、この方と一緒)、久々に新刊書店へ。

本屋と言うのは、やっぱ落ち着きますなぁ。ただ、最近の本屋さんでJ-POPが流れるのは勘弁して欲しいです。

紙とインクのにおいと、BGMは一切なし、あっても、NHKの第一放送(スポーツ中継は不可)くらいのお店ってないでしょうか。

古書店でもこういう店が減ってきていて、金沢、富山へも足を伸ばしますが、なかなか見つかりません。そういう店での本探しなら、何時間居ても苦になりません。
2006.04.16 Sun l 街へ出でよ l COM(2) TB(0) l top ▲
嫁とお出かけする時は、たいてい下道。面白そうな看板を見つけるとよってみたりの気ままなドライブです。おかげで、子供が小さい時におべんと持っていける公園とか色々面白い場所を見つけました。

で、今回の奈良行も武生~敦賀以外は下道を。8時に出たけど、12時前後には着くかなぁと。でも案の定あっちでとまったり、こっちを覗こうとしたり。でも大津には11時前には着きました。ところが、ナビは高速へ乗せようとするので逆らって走っていたら大津で石山寺の前へ。

ナビのばかばかばかばかばか、大ばかやろー

そこから、山の中のワインディングロードへ。自転車のツーリングが一杯で、気を遣う遣う。宇治に入ったら、道が狭いのなんのって。すれ違いには、広い場所で待っていなくてはならないしで、普通の生活道路を延々と。40キロを2時間近く。渋滞でもなんでもないのに。で、結局着いたのは13時前。ああ疲れた。

帰りにナビの履歴を見たら、正しい道はそこから数百メートル西にありました。ええ、くやし、ええ、悲し。

大王様とそのお姫様は、とても説明できない道を走ってきたとは、知る由もなし。

(いかん、今月は真面目に行くと誓ったのに)
2006.03.29 Wed l 街へ出でよ l COM(3) TB(0) l top ▲
26日、後ろ髪引かれる思いを残しつつ、感動的な別れのシーン。

img_2940.jpg


ところが、ナビのばかばかばかばかばか、大ばかやろー

右折を指示するので、写真博物館を右折。指示通りに行くと、行き止まり!?って言うか、自転車通るのがやっとだぞ。そういえば、来る時もとんでもない道案内して、大回りして着いたのに着いたのに。

よそ様の駐車スペースを利用して、なんとか、Uターンしたのはいいけれど。どうしよう。一番確実なのは、来た道をもう一度通ること。しかし、そのためには、今感動的なお別れをしたまんま亭の前を通らなくてはならない

嫁が目で、「いくらなんでもそんな恥ずかしいことはするな。」と言う。わたしも、「わかってる。」と答える。

しばらく様子を探っていると、目の前を、ボルボが。なんだ、最初の角を左折すればよかったのか。

大王様とそのお姫様は、その後10分も家の近くをうろうろしていたとは、知る由もなし。

(いかん、今月は真面目に行くと誓ったのに)

すいません。写真借りました。
2006.03.28 Tue l 街へ出でよ l COM(3) TB(0) l top ▲
日々のストレス解消に、急にお出かけしたくなりました。

恐怖の大魔神嫁も休みなので、二人でいそいそと。

まぁ、車の中で、子供のこと、自分達のことも話したかったので。

目指すは奈良。まんま亭。
2.jpg

意外にも200k無いんですよ。
もちろん、お目当ては、これ。
1.jpg



でも一番楽しかったのは、みんなでのおしゃべり。しかも、BGMはミッシェル・ポルナレフ。お気遣いいただきありがとうございました。
帰るときは後ろ髪をひかれる思いでした。

押しかけて行って、申し訳ございません。

今日午後、クシャミをした、静岡、中京、関西、Q州方面の方々。風邪ではございません。ご心配なく。

めぐり合わせの悪かった方。ごめんなさい。こういうことだったのです。

しまった。李小龍の物まねするのを忘れた。一生の不覚。
2006.03.26 Sun l 街へ出でよ l COM(15) TB(0) l top ▲
かの代々木上原から1駅目に東北沢といふところありけり。

東北沢駅を出て、踏切を渡って三角橋の三叉路を通りすぎると、航空宇宙研究所があります。その道の反対側、歯医者さんと健康食品店の間の路地を入ると、わがアパートがありました。その大家さんは河合さん。当然アパートの名前は“河合荘”。そうですかわいそう

だから、なんだって?同級生で気がついて笑ってくれたのは、たった一人でした。だから、書いてみたかったのです。
2006.02.21 Tue l 街へ出でよ l COM(7) TB(0) l top ▲
かの代々木上原から2駅目に下北沢といふところありけり。

下北沢、特に南口から庚申堂へ下る道でジャズが思い浮かぶのはなぜでしょう。

いつも行った“かくれん坊”では、大瀧詠一がかかっていたはずだし、ウォークマンで聴いていたのは、ROCKばっかりでしたから。

ある下北沢が舞台のコミック(タイトル忘れた。)に、“エラ”というバーが出ていたからでしょうか。エラというのはエラ・フィッツジェラルドから由来していたはずでしたから。それとも、マサコというジャズ喫茶の老舗があるからでしょうか。キッチン南海の近くに“TAKE5”というバーがあったからでしょうか。(わー、JAZZの大家が怒ってる。)

多分、この“Cafe Trois Chambres”の印象が強いからでしょうか?おいしいコーヒーとJBLのスピーカーからジャズが(もちろんレコードで)ながれるそれはそれはとても居心地のいい所でした。決して分かりやすい場所ではないので(ないからこそ)、ドアを開けた瞬間、非日常の空間へトリップ出来たるのです。客も多分そのことは分かっているのでしょう。大声でおしゃべりする人は皆無でした。レイモンド・チャンドラーやミッキー・スピレーンの本をおともに、お金のあるときはカフェ・ノワール(当時は破格の500円)を、そうでもないときは、酸味のカゼ・ブレンド(苦味は、ニレ・ブレンド)で、至福の時間をすごしたのでした。こんな店、寡聞ながら、他には知りません。


あーあ、思いでモードに入っちゃった。

補遺:現在、カフェ・ノワールはメニューにありません。ただし、マスターが出ているときに頼めば、出してくれる可能性もあると、一昨年に聞いています。
2006.02.20 Mon l 街へ出でよ l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。